牧師より

ようこそ水海道教会へ

加藤久幸牧師

加藤 久幸 牧師

  • 1955年、和歌山県生まれ。

  • 1990年、農村伝道神学校卒業後、日本基督教団の「牧師」としての歩みが始まる。

  • 1990~1998年度の山形・新庄教会、1999~2005年度の東京・三鷹教会を経て、2006年度~水海道教会牧師。

  • 現在は、関連施設の学校法人水海道教会学園理事長、二葉こども園長も兼務している。

メッセージ

  •  大切なこと-教会がもっとも大切にしている集まり(礼拝)を、私は次のように受けとめています。礼拝は、「私たちが各々の営みや活動をしばらくお休みにして、自らの歩みや生命(いのち)を受けとめる時であると、考えています。そして、礼拝は、体も心も魂も安らいで、新たな生きる力を回復される時、その真実を示される神さまとの出会いの時と、想います。

  •  百聞は一見に如かず-一人でたくさん学ぶより、まず礼拝に参加してみませんか。聖書やキリスト教への関心や疑問は、礼拝に参加している人や、牧師に聞いてみると、適切な応えがかえってくると思います。

  •  安心してください-教会に来ている人も、「ありのままの自分」を求め、「みんな違って、みんないい」という集まり(交わり)を創ろうと歩んでいます。完璧にはできませんが、安らぎや力を与えられるには自由である歩みが大切だと、取り組んでいます。今までとこれから-水海道教会は100年以上の歴史のある教会ですが、神さまと人とに支えられ導かれて歩んできました。これからも、水海道の地域において、神さまと人々とに仕える教会でありたいと願っています。あなたも、こういう水海道教会に参加して、ご一緒に歩んでみませんか。


加藤輝勢子牧師

加藤 輝勢子 牧師

  • 1957年、北海道生まれ。

  • 2004年、農村伝道神学校卒業後、日本基督教団の「牧師」としての歩みが始まる。

  • 2004~2006年度東京・東駒形教会を経て、2006年度~水海道教会牧師。

  • 現在の主たる働きは、本所賀川記念館常務理事。

メッセージ

  •  主の日(日曜日)週の初めを礼拝から始められることに感謝をします。自分の生き方に聖書の言葉が大きく影響しています。

  •  イエスさまはいつもあなたの傍らにいて、守ってくださっています。そんな大きな支えに日々生かされています。

  •  子どもたちが、何かに苦しんでいる時、困った時、「イエスさまがそばにいるよ」って言ってあげたいです。だから、「ひとりじゃないよ」っていつも言っています。

日本キリスト教団 水海道教会
茨城県常総市水海道天満町1712-7
Tel. 0297-22-3035
Copyright © Mitsukaidou kyoukai ALL Right Reserved.