メニュー 閉じる

CS 夏のお楽しみ会

                            大久保 望

 大久保 望  8月25日に夏のお楽しみ会が開かれました。夏休みの最後のほうの日曜日にしています。今年で3回目ですが初めの年はスイカ割り、2年目はスイカ割り+流しそうめん、今年はスイカ割り+流しそうめん+ポップコーンとなりました。幼稚科さんから数年前までCSだった大学生まで多くの人たちで楽しみました。 CSの礼拝後にまずは、スイカ割りから。1年目は紙の棒だったのでいくらヒットしても割れません。2年目は木の棒になり当たると割れるようになりました。今年はなんと鉄芯入り。幼稚科さんから順番に当てていくのですが小学2年生でスイカがざっくりと割れてしまいました。鉄芯入りは威力ありすぎです。すかさず、スイカ2個目を用意して、高学年の子はなかなか当たらないようにグルグルバットの要領で回ってからにしたのですが、周りが「右! 左! 一歩前へ!」とか指示を出すので当てられてしまいます。中学生でスイカ割りが出来なかった人もいたのでは。ごめんなさいね。割るのは適当なところで切り上げてあとは包丁で切って、保護者の方々と共にいただきました。 流しそうめんも去年、竹が細すぎたとの反省から、太い孟宗竹の6mものを教会員のお宅から切り出し、教会まで軽トラックで運びました。これを二つ割りし節を抜くのですが、なかなか真っ二つに割れてくれないのでこの作業に3人がかりで3時間かかってしまいました。そうめんをゆでるのも今年は麺ゆで専用鍋を使用。作業効率は良くなったでしょう。牧師館前のお庭で水道水をホースで流しながらそうめんを投入します。ドンドン流れていきます。お箸でうまく取れない人もいたけどみんな楽しんでいました。そうめんだけでは物足りないので具材も流します。CSで育てたミニトマト、缶詰のみかん、カニカマ、丸いチーズ、ラッキョウ、ちくわ、モッツァレラ、まるごとゆで卵、など水に溶けなくて転がるものならば何でもよいのではないでしょうか。子どもたちが一通り食べ終わったところで大人の礼拝も終わり、教会員と保護者の皆さんは涼しい室内で流さないそうめんをいただきました。来年もやろうね。