記事一覧

時代を超え愛され続けるルイヴィトンのミニバッグ

■ はじめに
ルイヴィトンは世界中で愛され続けるブランドの一つであり、日本国内でも若者からミドル・シニア世代まで多くの人々を魅了し続けています。
また、クラシックなレザーアイテムから、トレンドを取り入れたミニサイズのバッグや財布など、幅広いニーズに応じた製品ラインナップも魅力の一つといえます。
今回は、その中でもトレンドを取り入れながら、タイムレスなデザインを持つ”ミニバッグ”について解説していきます。
■ ミニサイズバッグの魅力
近年のキャッシュレス化に伴いお財布がミニサイズになってきていますが、バッグも必要最低限のものだけ入るミニサイズの需要が高まっており、ブランドの新作コレクションアイテムにもミニサイズのバッグが多数登場しています。
また、機能面だけではなく、アクセサリー感覚でワンポイントで身に着けることができるという、ファッションアイテムとしての使い方も魅力の一つです。
■ モノグラムキャンバスの魅力とは
モノグラムラインなどで使用されている素材は、モノグラム・キャンバスという名称のように、ビニールコーティングされた綿素材です。
特徴として、柔軟性と耐久性があり表面に傷がつきにくいため、長年使用しても劣化しにくく綺麗な状態を保つことができます。
また、防水性も備えており水にも強い素材です。ルイヴィトンのモチーフが散りばめられたアイコニックなデザインだけでなく、その丈夫さによって長く愛用できる素材といえるのではないでしょうか。
ルイヴィトンのコーティングキャンバスについて、さらに詳しく知りたい方はこちら
■ ミニバッグとして生まれ変わった定番バッグのご紹介
長い間、発売されている定番バッグを現代風に再解釈したミニバッグが続々登場しています。
オススメしたい最新モデルを、定番モデルのサイズと比較しながら紹介していきます。
1.ノエシリーズ
シャンパンを入れて持ち運べるバッグとして登場した巾着型のノエですが、ミニサイズは丸みのある可愛いらしいデザインとなっています。
巾着型なのでバッグの口が大きく開くため、物が入れやすい機能性もポイントです。
定番サイズ
▼ノエ M42224

▼ナノ・ノエ M41346

▼ノエ・パース M57099

2.サックプラシリーズ
ビジネスバッグとしても使われていたサックプラですが、ミニバッグである”プティット・サックプラ”は、デザインはミニチュアサイズとして展開されています。
また、ストラップの取り外しができる為、2WAYバッグとして使うことができます。

定番サイズ
▼サックプラ M51140

▼プティット・サックプラ M69442

3.スピーディシリーズ
スピーディは、1930年代頃に旅行者の為に作られたとも言われており、現在においても普段使いのバッグとして不動の人気があります。
ミニバッグである”ナノスピーディ”は小振りながらも、マチ幅が10㎝と少し広い為、必要最低限の私物を入れる事もできます。

定番サイズ
▼スピーディ・バンドリエール 25 M41113

▼ナノ・スピーディ M61252

4.ボワット・シャポーシリーズ
エレガントな帽子ケースから、ミニサイズにモダナイズされており、日常使いができるショルダーバッグに進化しています。
丸型のデザインが愛らしく、人気が高いです。

転載アドレス:https://www.komehyo.co.jp/brand-note/article/2621