http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

映画観賞会のお知らせ

日   時:8月17日(日)礼拝後
場   所:礼拝堂
上映作品:中島みゆきライヴ in LA         
上映時間:1時間04分

ファイル 566-1.jpg








無料。どなたでも参加できます。

召天者記念礼拝

期日:8月10日(日)ファイル 565-1.gif
召天者の写真を飾り礼拝を捧げます。


ご参加をお待ちいたします。

新しい歩み

4月27日、礼拝後に水海道教会総会が開催されました。議長:加藤久幸牧師(加藤輝勢子牧師)、書記:大久保望。出席者19名、委任状提出者5名、陪席9名。議長により、総会成立定足数10名を満たしていることが宣言されました。

議案は全て賛成多数により議決され、投票により4名の役員が選出されました。役員会へ委託された事項は5月1日の役員会に於いて協議・決定されました。以下に総会議決及び役員会決定による今年度の水海道教会の態勢の大枠を記します。奉仕については一面をお読みください。

○主題聖句(創世記28:15)
 「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこに行っても、わたしはあなたを守る。」
○年間主題  「一人ひとりを大切にする」

○教会役員会構成(8名)
加藤久幸牧師、加藤輝勢子牧師
選出役員:
久家盛位、中村八重子、鈴木邦彦、北村恵 
各部代表;
大久保望(青年会)、松本宏子(婦人会)

○教会責任役員 
  鈴木邦彦、久家盛位、渡辺財泜
   「教会規則」の制定を委嘱する。
○教区総会信徒議員  松本宏子
○地区総会信徒議員  久家盛位(既選出)

○関連
「水海道教会学園」は2014年4月1日付で認定こども園「二葉こども園」の認可を受け新しい歩みを始めました。「二葉こども園」は幼稚園(二葉幼稚園)と保育園(育ちサポートセンター)の運営をすることになりました。これに先立ち、育ちサポートセンターは3月31日付で認可保育園となりました。
  
<園の歩み>     
1946年 日本基督教団水海道教会付属二葉幼稚園創立
1971年 現在地(天満町)に移転
1997年 学校法人設立(水海道教会学園二葉幼稚園)
2007年 二葉幼稚園内に「育ちサポート室」を創設
2009年 水海道教会学園内に
「育ちサポートセンター」を開設
2014年 保育園を設立  
認定子ども園「二葉こども園」の設立

教会の付属施設として発足した「二葉幼稚園」は地域社会と時代の要請に応え上記のような変遷をたどり今日に至りました。いつの時代にも、教職員は子どもたち一人一人が神様の恵みに生かされている充足感に満たされて、日々育つことを願い、寄り添い、仕え、共に歩んできました。また、教会はこれを大切な奉仕の業としてその時々にふさわしい関わりを続けてきました。この認識は組織が変わっても変わることはありません。
   
なお「二葉こども園」は2015年初頭着工を目指して園舎新築を予定し、行政及び設計会社と具体的検討に入っています。
   
「二葉こども園」の組織改変、園舎新築の大事業が神様のみ心に沿うものとなりますようお祈りいたしましょう。直接これらの大事業に取り組む加藤久幸園長並びに教職員の皆さまの上に神様の導きとお守りがありますように、教会がこれらを理解し協力出来ますように皆でお祈りしましょう。

今年度の奉仕について      加藤久幸牧師

ファイル 532-1.jpg今年度の奉仕について、牧師や役員会が考えていることと現在の様子について、お話をしておきたいと思います。

聖書に出てくる奉仕者は、教会の実務に仕える人であり、慈善の仕事、貧しい人々や他国人の世話をしたようです。その資格については、Ⅰテモテ3・8~13に一つの見解が示されており、男性だけでなく、女性もこの任に携わっていました。
 
どの時代においても、奉仕(者)は、集会(教会)・組織の職務や仕事として、なかには地位のように受け取れられることがありました。例えば、長老・執事や役員、場合によっては牧師などもそう受けとめられる傾向が強いでしょう。

しかしながら、有給・無給の違いなどあったとしても、奉仕はボランティアなものであるという性質を有していることは間違いないでしょう。ボランティアを辞書で引くと、「社会や隣人のための自発的、自主的に取り組む人・活動」とあります。

今年度、教会の奉仕者を募る際に大事にしたいと考えたのは、「自発性」「自主性」でありました。

その結果、現在、教会の奉仕の態勢は次のようになっています。( )内は応じてくれた人数、*は学園教職員の奉仕を含んでいます。

1.礼拝の奉仕 司式(10名)、奏楽(9名*)、聖餐準備(2名)、献金集計(4名)、盛花(3名)、看板掲示(1名)、図書(1名)、新聞(1名)

2.交わりの奉仕 「交わり」発行(2名)、マルコ食堂(2名・各部以外)

3.教会学校・教育の奉仕 リーダー(15名*)

4.会堂等管理の奉仕 会堂清掃(21名*)、墓地
管理(4名)

もしかしたら、応じていただいたにもかかわらず、漏れている方がいるかもしれません。奉仕者のお名前は掲示しておきますので、ご確認下さい。
 
また、募ったにもかかわらず、応募がなかった奉仕もあります。さらに、牧師・役員が気づいていない奉仕、既に率先して行ってくださっている奉仕もあるかと思います。そのような奉仕も、是非お知らせください。今後とも教会の奉仕は募集していきますので、応じてくださる方は掲示板の下にある用紙で、牧師にお渡しをください。

皆さまもお感じになっているように、教会の活動を考慮しながら、奉仕の態勢を組むことは以前に比べて困難があります。奉仕の在り方や内容の検討など、役員会の課題として受けとめ取り組んでいきたいと考えています。

なお、教会の多くの方に関わることとして、2つのことを報告するとともにお願いいたします。

①礼拝の受付 原則として、司式・奏楽をしている以外の現住陪餐会員の方に、お願いしています。②礼拝の献金当番・配餐奉仕 残念ながらというべきか今回ほとんど申し出はありませんでした。不在のままでは教会の礼拝が維持することができませんので、従来どおりその都度指名をいたしますので応じてくださるようお願いいたします。

奉仕は、自分たちの活動をどう維持するかということと関連しています。そして、私たち自身の支え合い・分かち合いを受けとめ直すことでもあります。良い機会を得ていると捉えて、「仕える」模範としての主イエスを見上げながら、私たちの在り様を振り返り、主が備えてくださる道を歩みたいと願っています。

「神(父)がわたしを世にお遣わしになったように、わたしもあなたがたを世に遣わします。」(讃美歌21「派遣のことば」より)

受難日礼拝

ファイル 530-1.jpg4月18日(金)午後7時より、受難日礼拝が行われました。参加者は8名と少人数でしたが、明かりを全部消して、イエスの苦難を象徴的に追体験しました。また、マルコによる福音書の「最後の晩餐」と「イエスの死」の箇所をテキストに主の生涯が私たちに投げかけている意味について思いめぐらすひと時を過ごしました。水海道教会では、受難週に特別の事はしませんが「受難日礼拝」を毎年、守り続けております。

埼玉・七里教会へ赴任

ファイル 529-2.jpg

太田光夫牧師は、4月1日付で埼玉地区七里教会へ主任担任教師として赴任されました。太田牧師の七里教会での働きに主の祝福と導きがありますようにお祈りいたします。

奥さんは当面水海道に残り、太田牧師は単身での赴任となります。

なお、牧師就任式は5月18日(日)午後、七里教会に於いて、飯塚拓也牧師(教区宣教部委員長・竜ヶ崎教会)司式で行われます。都合のつく方は、ご参加くださいますようお願いいたします。

誕生日お祝いカード

ファイル 527-1.jpg今年度の新しい取り組みとして「誕生日のお祝いカードのプレゼント」の第1回目が4月6日(日)礼拝後に行われました。

「今月お誕生のお友達、前へ出てくださ~い」という加藤久幸牧師のCSスタイルの呼びかけに応じて、3人の方が前へ進み出て、お祝いの言葉と共に牧師の一言を添えた「誕生日お祝いカード」が贈られました。続いて皆で子ども讃美歌の「誕生日です、おめでとう」を歌い祝福しました。
 
人生には、誕生、入学、卒業、結婚等いろいろな節目があります。中でも誕生日は最も大切な日です。大人になってもその大切さに変わりはありません。神の恵みによってこの世へ送り出されたことを覚えてお祝いすることは大きな喜びです。
 
今後、毎月第1日曜日に、その月に誕生日を迎える方をお祝いします。自分の日が来る時を楽しみに待ちましょう。

日本キリスト教団水海道教会 公告

日本キリスト教団水海道教会の定期総会を下記の通り行います。やむなくご出席ができない場合は委任状を提出してください。

                  記

日時 2014年4月27日(日)礼拝後
場所 水海道教会礼拝堂
議題 ・2013年度活動報告・会計報告承認の件
    ・2014年度活動計画・予算承認の件
    ・2014年度教会役員選出の件
    ・2014年度教会責任役員選出の件
    ・関東教区総会信徒議員選出の件
    ・会堂改修工事に関する件
    ・その他

2014年4月13日 日本キリスト教団水海道教会
    主任担任教師 加藤久幸 教会役員会

 県南地区  世界祈祷日

日時 3月7日(金)13時より 
 会場 牛久教会
 
「世界祈祷日」の集会は各地で毎年行われております。水海道教会は、有松牧師の時代に参加したことがありましたが、その後遠ざかっておりました。2月に開かれた地区教師会の勧めで水海道教会も参加(今回は陪席)することとなりました。
誰でも参加できますので、ご希望の方は2月26日までに加藤久幸牧師までお申し込み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界祈祷日とは、1887年にアメリカの女性たちが移住者や抑圧されている人たちを覚えて祈祷日を始めました。その後、2度の世界大戦を経験し、和解と平和を求める祈りへと、教派を超えて広がりました。現在では、世界祈祷日国際委員会(WDP)が中心となり、世界中で毎年3月第1金曜日に「世界祈祷日」が守られています。テーマにそって共に祈りあい、キリストの愛を世界中に広めています。
 
日本では、1932年から、第二次世界大戦中を除き、毎年開催されています。1949年より、日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会がWDPより送られてくる原案をもとに、日本語式文を作成し配布しています。「世界祈祷日」の献金はWDPを通して式文作成国の女性たちの活動のため、国内外の女性たちの働きのためにささげられます。

2014年の世界祈祷日は3月7日、テーマは「砂漠を流れる水のように―エジプトからのメッセージ」です。   
[日本キリスト協議会のホームページより]

Fさん召天

2月21日、Fさんが天に召されました。94歳。ふゆさんは出身の東洋英和女学院の推薦で二葉幼稚園創立の時期に水海道へお出でになり、縁あって教会員の方と結婚され、お二人で主の働きのために力を尽くされました。眠るように静かに天国へ旅立たれました。主の下での安らぎとご遺族の上に天来の慰めがありますようにお祈りいたします。23日前夜式、24日葬送式が加藤久幸牧師司式により水海道教会で行われました。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー