http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

子ども・子育て新制度が始まる 加藤久幸

ファイル 664-1.jpg ファイル 664-2.jpg
写真:二葉こども園の仮設園者

皆さまにあっては、水海道教会学園の幼児施設が大きく動いているようにお感じになっているのではないでしょうか。教会や学園のお知らせで、次のような案内に触れることがあるかと思います。
 
・水海道教会学園の幼児施設は、2014年度から、認定こども園の認定を受け、幼稚園(満3歳児と3~5歳)と保育園(0~5歳児)を運営することになりました。
 
・2015年度からは、「新制度」が施行になり、
  「二葉こども園」と名乗るようになりました。
 
・認定こども園の施設整備として、園舎の改築
  事業を行っています。

 
この大きな動きは、平成24年度(2012年)8月に成立した子ども子育て関連の3法に従っています。施行にあたっては、制度ごとにバラバラな体制を整備し、内閣府に子ども子育て本部を設置し、その推進にあたっています。そして、2015年(平成27年)度から、本格的な実施に向けて動き始めました。

 「新制度」は、「子育て中のすべてのご家庭を支援する」ものであり、「認定こども園」の普及を図ろうとしています。
 
水海道教会学園(二葉こども園)は、この新制度に加わり、次の時代の幼児施設を形作ろうとしています。まだ始まったところであり、どういうふうに展開していくかは、これから明らかになっていきます。そういう中で、冒頭の「大きく動いている」という、当事者も含めて、最近の正直な印象を書いた次第です。


こういう状況の中で、理事長・園長としては、建築・運営などの具体的な事項に対しては、事柄に応じて責任を果たしていく所存であります。

ただ、この機会に、皆さまにお願いしたいことがあります。

ご存知のように、二葉幼稚園は、1946年(昭和21年)4月、戦後まもない春に、誕生・設立しました。今から振り返ると、幼稚園の誕生は、「平和」と「子ども」のために、という祈りによるものであったと想います。
 
折しも、一昨日、2015年7月17日、安全保障関連法案が衆議院を通過しました。戦後70周年の節目の年に、国の平和憲法の解釈、安全保障の
行使が、大きく動くことになっていきます。

 
子育て関連3法と安全保障関連法案は、取り扱っている内容が違います。しかし、同じ政府が、決定し推進していることであり、その進め方は非常に似ているように想います。

 
お願いというのは、安全保障関連法案の施行とともに、子育て関連3法案の動きも、これから、見守っていただきたいと願っています。
 
よく「変えてよいものと変えてはならないものがある」ということを聞きます。
 
今の法律が、二葉こども園の歩みが、「平和」や「子ども」のために向いているのかを、見守っていただければと、願っています。
 
お願いするととともに、自らの姿勢を整え、「平和」と「子ども」に向いているかを確かめながら歩む時が来たと、実感する今日この頃です。

学園工事

ファイル 653-1.jpgファイル 653-2.jpgファイル 653-3.jpg

仮設園舎(保育室、給食室)が建ちあがってきました。5月25日から6月5日に仮設の建築確認の検査を受け、6月6日(土)~7日(日)に仮設園舎に引越しの予定です。仮説とはいえ立派な建物ですが、仮設ならではの生活の苦労というものがあるということです。仮設での期間が守られますように

太田光夫牧師(埼玉・七里教会)召天

ファイル 652-3.jpg略歴:1950年水海道に誕生、1955年幼児洗礼、1965年信仰告白、1983年結婚、1990年献身。以降、東梅田教会(大阪)、多度津教会(香川)、丸岡教会(福井)、七里教会(埼玉)にて牧会。2015.04.30召天。亨年64歳。

ファイル 652-4.jpg_l
5月5日、七里教会にて飯塚拓也牧師(教区宣教部長・竜ヶ崎教会)の司式で葬送式が執り行われました。水海道からは関係者十数名が出席いたしました。主の下での安らぎとご遺族の上に天来の慰めを祈ります。また、突然無牧になった七里教会を覚えましょう。


送魂私記           K.F     ファイル 652-2.jpg

彼は、齢64で突然逝ってしまった。
今、日本人の平均寿命が80歳を超えているとすると、十数年も早く駆けてしまったことになる。何故そんなに走ってしまったのだろう。

光夫さんとの交遊は、50年以上になるのだが、今思い返すと彼に何かをしてもらったことばかりが残っている。

私たちの結婚式の時に、祝う会を立ち上げ、お祝いの歌を作ってくれたこと、店を出した時に、シンボルマークと店名を彫り込んだ木彫りの板を持ってきてくれたこと、幼稚園に勤めていた時に作ってくれた折紙のひな人形は、今でも3月の節句には「珈和」の店内を飾ってくれている。

何事器用にこなしていた光夫さんだったが、そのタレントを真っ当に評価してくれていないという思いが強かったためか、自分の気持ちの表現は、手先ほど器用ではなかった。

牛久の幼稚園に勤めていた時も、仕事帰りに店によって、誰もいない時は、よく愚痴をこぼしていた。
そんな自分をわかってもらうために、彼は饒舌にな
っていったのかもしれない。
そんな自分を伝えることが、彼にとっての教職への招命だったのかもしれない。

手先は器用だけど心は不器用な彼が最終的に選んだ職業が牧師だったのは、人間関係を作ることが、決して得意ではないだろうと思っていた彼が、牧師になると言い出したのは、そんな想いがあったのだろうかと、彼の作ってくれた木彫りの看板を見つめている。

2015年度教会定期総会 加藤久幸牧師

ファイル 638-1.jpg2015年定期総会が4月19日に予定どおり開催されました。今回は、通常の議案の他に、特別に2つの議案が承認されました。

その1つは、教会規則制定に関する件であります。提案の趣旨は、「水海道教会は、教会規則をもたず、宗教法人規則によって運営を果たしてきたが、この度、日本基督教団の準則に基づき教会規則を制定したい」というものでした。

もう一つは、水海道教会学園・園舎改築工事に関する件です。この議案には、3つの内容が含まれていました。すなわち、学園からの要請により、①教会は教育基金会計より500万円を学園に融資する、②学園が私学共済事業団から融資を受けるにあたった、学園が利用している土地(教会所有)を担保に提供する、③学園が学園債を起債する場合には、教会は協力する、でありました。

皆さまもよく御存知のように、二葉幼稚園は、戦後まもなく1946年(昭和21年)開設いたしました。その後、教会とともに、現在の天満町に移転してきました。移転からほぼ40年経過した今日、園舎の全面的な改築事業を行うことになりました。創設の頃、移転の頃、その時の事業にあたってくださった先達の英断と苦労を想うものです。

二葉は、その後、学校法人立となり、形態も認定こども園となりました。変わることもあれば、変わらないことも(変えてはならない)あります。教会も、学園も、「神を愛し人を愛し」の歩みを変えることなく、大胆にその時々を生きることを、今後とも堅持していきたいと願っています。

今回、学園園舎の改築工事を行うわけですが、建物だけでなく活動も、ハード面だけでなくソフト面も、将来(例えば、30年先、40年先、子どもや孫たちの時代など)を見渡した礎を据える思いで、今の事業にあたっていきたいと願います。

そんな願いをもって、教会も、学園も、みんなで祈り、協議し、行っていくことを、大事にしていきたいと思います。このことは、多様な方々が集まる、同時代のこととしても大切になります。
わかっているつもりでやっていると意思疎通ができていない、伝えているつもりであっても伝承ができていないことが起こってきます。

今回の教会規則制定は、私たちがやってきた・やろうとする願いや歩みの一つの表現であります。規則を何よりも最優先にするつもりはないのですが(私たちは律法主義の弊害を知っているのですから)、共有したり伝達したりするために、規則などの整備を、教会や学園でも整えていくことになると理解していただければ幸いです。

奇しくも、今年度の主題は「平和をつくる」です。主題聖句として「平和を実現する人々は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5章9節)を、覚えます。
今までの歩みを想起し、これからの歩みを「つくる」ために、今年の歩みを展開していきたいと思います。  

園舎新築(改築)、創立70周年へ    加藤 久幸牧師  

ファイル 622-1.jpg

2014年度(平成26年度)、学校法人水海道教会学園が運営する幼児施設は認定こども園二葉こども園となりました。現在、幼稚園(満3歳児~5歳児 定員:160名)と保育園(0歳児~5歳児 定員20名)を運営しています。そして、今までもお伝えしてきましたように、この春から、いよいよ園舎改築(新築)工事を始める予定です(新園舎の定員は幼稚園120名、保育園30名を予定)。

工事内容は、育ちサポートセンター(2009年竣工)はそのままですが、それ以外の学園建物(本館・別館など)は全て解体し、新築する予定です。

工事業者を決定する指名競争入札を、常総市の立ち合いのもと、3月9日(月)に行います。今回の工事に際して、私たち学園は、初めて、建物に対する行政補助金を利用することにいたしました。現在の様々な情勢がありますので、請負業者が適切な価格にて決定されるように、お祈りの内にお覚えいただけるならば幸いです。

工期については、現在、以下を想定しています。
2015年3月 工事着手(本設工事契約締結)
    3月 学園事務室機能 教会施設へ引越
    4月 仮設工事開始
    6月 仮設園舎での保育開始
    12月 新園舎完成
    1月 仮設園舎解体 新園舎での保育
    2月 竣工
    3月 諸手続き

実際の工期は、本設の請負業者が決定した後に、確定します(なお、仮設工事については、入札を経て落札した請負業者と契約を締結しています)。
工事は、ほぼ1年にわたります。この間、園児や保護者の方々には、例年にないご負担をかけることになります。工事関係者には安全管理に十分に配慮した工事であるように依頼します。また、様々な制約がある中ですが、日々の保育や行事において充実した園生活を過ごすことができるように取り組んでいきたいと考えています。

また、教会に対しても、施設の借用、駐車場の利用など、お願いをすることも出てまいります。教会学校や教会の集会や活動にも大きな影響があると思います。教会のご理解とご協力をお願いする次第です。

今後の予定としては、具体的な工事内容と工期は、施工業者が決定した後に確定することになります。資金計画も同様です。学園関係者に対する説明は、4月始業時になると思います。

教会に対しても、4月役員会を経て、4月19日(日)開催予定の定期教会総会で、説明やお願いをすることになるでしょう。総会の議案として内容を整えますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。

二葉幼稚園は1946年に創立され、1971年に現在の場所に移転してきました。新たな年度の一年の歩みを経た2016年度(平成28年度)、私たち学園は、創立70周年を迎えます。場所や建物、名前や組織や制度が変わることがあっても、神さまから託されている「幼子に仕える」大切な働きを、水海道教会学園「二葉こども園」は、変えることなく継承していきたいと、願っています。

最後になりましたが、来るべき2015年度(平成27年度)の学園の歩みが、また、その準備の時が導かれますよう、教会の皆さまのお祈りとお支えをお願いいたします。

クリスマス報告

イエス様のご降誕により新しい歩みが始まり、暦も改まりました。明けましておめでとうございます。新しい年の水海道教会の歩みが、み心に叶うものとなりますようお祈りいたします。
 
さて、2014年クリスマスのプログラムが恵みと感謝の内に終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

1月役員会で振り返りが行われ次のようなことがとりあげられました。礼拝・愛餐会・祝会は大人と子どもの合同で行われ、参加者数は約60名。内外の装飾は自発的参加によって、早めに準備されてよかった。特に天候に左右される外部の電飾などは予備日を設け支障なく準備することができた。

ポスターやオリジナルカレンダーも好評だった。クリスマスカードは、余裕を以ってメッセージを書き込むことができるよう、第一アドベントに用意した方がよいとの反省あり。

尚、外部献金について検討し贈り先を決定いたしました。

クリスマス予定

クリスマス予定
テーマ「みんなで祝おうクリスマス」
CSとの合同クリスマスです

日 程 
11月30日(日)アドベント(待降節)第1主日
12月7日(日) アドベント(待降節)第2主日
12月14日(日)アドベント(待降節)第3主日
12月21日(日)アドベント(待降節)第4主日
12月24日 (水) クリスマスイブ(聖夜)
12月25日 (木) クリスマス(降誕日)

水海道教会のクリスマス集会
12月11日(木) 水海道教会学園クリスマス会
12月14日(日)婦人会クリスマス会
12月21日(日)クリスマス礼拝(合同)10時半
        愛餐会・祝会     12時
        教会学校教師反省会  祝会後
        青年会クリスマス会
12月24日(木)聖夜礼拝
         キャンドルサービス 19時
        キャロリング

収穫感謝礼拝のお知らせ

10月26日(日)、例年通り収穫感謝礼拝を捧げます。CSの子どもたちが野菜などをもち寄り聖壇に飾って礼拝を捧げます。聖壇はそのままに大人の礼拝をします。
 
CSでは礼拝後、教会田んぼで収穫されたお米でおにぎりを作っていただきます。子どもたちが、手作業で脱穀から籾すりまで行いました。今年は収穫量が少なかったということで、大人の人へのおにぎりのプレゼントはなさそうです。
 
水海道教会CSでは「稲プロ」を立ち上げ、一坪に満たない小さな田んぼで田植えから精米までを体験しています。食べ物が私たちの口に入るまでの過程を体験することは収穫感謝礼拝の意義を深めることにつながります。CSの先生方、青年会の方々等関係者の奉仕に感謝します。
 
他者の命をいただくことで、私たちが生きていけることの重さを感じ、全ての命を生みだして下さる創造主の恵みを感謝する「収穫感謝礼拝」になることを願っています。

リレーエッセイについて        広報委員会

壮年会リレーエッセイが間もなく終了いたします。ご多用中のご協力ありがとうございました。
次は婦人会の方々にお願いしたいと思います。
内容は問いませんので、ご寄稿をお願いいたします。もし、ご自分で書くのがためらわれる場合はお話をうかがってまとめることもさせていただきますので、どうか断らないでください。

学園のうごき            加藤久幸牧師

*新年度の園児募集が始まります。
 幼稚園願書受付:10月1日(水)9時~
  (受付時間は、月~金曜日9時~17時)
   受付場所は、学園の事務室です。
 保育園申請受付:10月下旬~11月中旬
   受付場所は、お住まいの市の窓口。
   私たちの保育園(育ちサポートセンター)
   の受付も、各市の窓口で行われます。

2015年度から、国の子ども・子育て支援新制度が始まります(関連として「牧師室の窓」もご覧ください)。そのような変化があり、久しぶりに[募集・入園]説明会を、在籍用(9月12日)と一般用(9月20日)に2回開催しました。いずれも多数の方々が参加されました。

お知り合いでご希望の方がおりましたら、園に早めにご連絡くださいますように。各々の就園の準備が導かれますように。また、学園の募集・新年度準備も導かれますように。お覚えください。

*園舎改築工事の準備が始まります。
 常総市の決定を受け、9月16日「認定こども園建設費補助金」の決定通知書を受領しました。
 
学園においては、公費が伴う建設事業は初めてであり、これまでの申請作業においても初めて経験することも沢山ありました。ともかく、正式にスタートラインに立つことができました。しかし、これからが本番です。仮設業者の選定は今秋、解体・建築業者の選定は来春を予定しています。

教会も深く関与する事業ですので、機会を得て、教会に説明・お願いをする時を持ちたいと考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

学園運動会
日時:10月11日(土)
場所:水海道小学校校庭
〇子どもたちと一緒に楽しいひと時を過ごしましょう。


△ページトップへ

スーパーコピー時計 ロレックススーパーコピーN級品偽物
ウブロ時計コピー オメガコピー
シャネル偽物 パテックフィリップスーパーコピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー