http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

東日本大震災記念礼拝 茨城地区総会に出席して   N.O

ファイル 304-1.jpgあの大震災からちょうど1年後の3月11日に関東教区の活動として東日本大震災記念礼拝が筑波学園教会でもたれました。参加者は77名でした。

飯塚牧師が説教で話されていましたが今現在死者15854名 行方不明3155名 計19000名ほどに上ります。ご遺体が見つかっても身元が不明な方もいます。いまだに避難生活を余儀なくされている方も34万名以上だそうです。東北3県が特にニュースで流れますが茨城県も被災地で水戸中央教会は全面建て直しになっています。1年たち、われわれはほぼ日常生活を取り戻していますが、被災地の復興は途に就いたばかりといっていいでしょう。

私は震災直後、国の復興支援は莫大になりそうなので、税金が上がるだろうなと思っていました。それには従うつもりですが、その前にもたくさんの義捐金が国内、海外から捧げられています。助け合う心が感じられた1年でした。私たちもまだまだできることがあるのではないでしょうか。

説教のあと2時46分に鐘が鳴らされ黙祷が捧げられました。この鐘は中越地震の記念礼拝でも鳴らされたものだそうです。また礼拝後に兵庫教区の古澤牧師がファイル 304-2.jpg挨拶をされました。阪神淡路大震災を経験された牧師がこうしてこの震災記念礼拝に出席くださり離れていても18年前のことでも、ともに覚え、歩んでくださることに心励まされます。

記念礼拝のあとクリスチャンセンターで2011年度の茨城地区総会が開かれました。
各事業、決算、TCAC、12年度事業計画、予算、などがそれぞれ報告されすべて承認されました。承認後に、教団で集めている大震災募金の使われ方について「被災教会にもっと十分に分配できないか」との意見がありました。やはり今年は多くの人がこの大震災の復興に思いを寄せているのだと思います。
ファイル 304-3.jpg
おまけ 久しぶりで筑波学園教会のパイプオルガンを聴きました。今は音楽のほとんどがスピーカーから出る音を聞いているのではないでしょう

茨城VMCA

茨城YMCA(総主事宮田康男氏)は、筑波クリスチャンセンター(TCC)を活動拠点として「幼保園」、「学童保育」等、様々な活動をしておりますが、活動拡大に伴いTCCが手狭となってきました。

筑波クリスチャン活動委員会(TCAC)は、かねてから協議を重ねてきましたが、この度TCC別館(元宣教師館)の増築を決定しました。3月完成予定です。建築費の大部分はYMCAからの献金で賄われます。地域社会によきサービスが届けられますようにお祈りします。

地区女性部修養会(日立教会)     M.K

10月7日、二名で参加しました。
島田信子牧師による開会礼拝の後「るっちゃんの旅立ち」のビデオを見ました。「るっちゃん」こと藤崎るつ記さんは藤崎信日立教会前牧師の長女で、神学大学卒業の後、アジアの福祉活動に携わりたいとフィリピンに留学中、溺れかけた友人を助けようとして自らは命を失いました。24歳でした。

日立教会の方々は、るっちゃんの信仰とアジアにおける福祉活動を目指した志を受け継ぐことを目的として「るつ記記念基金」を立ち上げました。

それから28年……基金は地域社会のために働きたいと願いながらも経済的理由で専門教育を受けられないフィリピンの青年のための奨学金として生かされ、元奨学生、現在学んでいる学生の合計73名をも育てておられます。

島田牧師は「この事業は決して地方の一教会だけで出来ることではなく、多くの方々の尊いお祈りと寄付金、献金によって成り立っている」といわれました。基金の活動はチャイルド・ファンド・ジャパンと日本聖書神学校の協力を得て行われているとのことですが、実際に現地を訪問したり、学生を日本に招いたりの交流は日立教会の働きのようです。

このように一つのことを息長く続けていることに感動し教会の雰囲気の一端を垣間見たような気がします。
 
午後は島田進む牧師の主題講演『下りて行く生き方』。「…多くの人が上へ上へと目指しているがキリストはどんな人をも救いあげるために低いところに来てくれた。私たちの苦しみを受けとめるために低いところに来てくれた。…」と語られました。考えてみますと本当に難しいこと。消化不良でお伝えするのは憚られます。

日程は滞りなく進みティータイムとバザー。地区のいつもの人達にお逢いし和やかな時を過ごしMさんの運転で110㎞の帰路は快適なドライブでした。恵まれた一日を感謝します。

部落解放キャラバン

ファイル 263-1.jpg
日本基督教団部落解放センター(大阪府)と関東教区の共催による「部落解放関東教区キャラバン2011」が6月25日(土)~7月4日(月)に行われました。

キャラバン隊は6月25日の大宮教会での出発礼拝を皮切りに教区各地を回り7月4日の狭山教会での完走感謝礼拝を以って終了となりました。

あらゆる差別をなくすために-祈りを共にした10日間でした。茨城地区では6月25日つくばクリスチャンセンター(TCC)での集会と翌日水戸・水戸中央・日立教会でそれぞれ礼拝が捧げられました。加藤久幸牧師は委員として25日の出発礼拝、TCCでの集会、日立教会での礼拝(25日は水戸泊)、4日の完走礼拝に参加されました。

TCCでの集会には4人のキャラバン隊員がお見えになり、地区内の参加者は30名程、水海道教会からは2名参加しました。    写真は久保田愛策地区長(鹿島教会)

教区教会婦人会連合総会・講演会     M.M   

6月3日(金)関東教区教会婦人会連合の総会・講演会が大宮教会で開かれました。
例年、総会・修養会が一泊で行われていましたが、東日本大震災のために日帰りの総会・講演会となりました。水海道教会からは3名が参加しました。

開会礼拝は埼玉・上尾教会の松本のぞみ牧師から「喜びの共同体」と題し、フィリピの信徒への手紙4章4~7節のみ言葉をお聞きしました。

『…私たちは計り知れない神の愛に生かされている。その喜びを、礼拝を守り、祈り、人との関わりの中で気づかされる。教会から心が遠のいている時、絶望の時こそ教会生活を続けることが大切…』と話されました。

総会では全ての議案が賛成多数で承認されました。22期役員は次の方です。
委員長  山根惠美子(茨城・筑波学園)
副〃   桜井貞子 (埼玉・北本)
書記   黒澤栄子 (群馬・甘楽)
会計   相原道子 (栃木・宇都宮)
広報   岡田郁子 (新潟・十日町)

午後から辻哲子先生の講演会が持たれました。辻先生は静岡・深草教会で47年間牧会され、2001年に退任されましたが現在でも多くのお働きをされています。

演題は「<満たすキリスト>による教会の働き」エフェソの信徒への手紙1章19~23節、4章9~16節。

『…教会はキリストの体であり、全てにおいて全てを満たしている方が満ちておられる場です。神の右に座しておられるキリストを頭とする教会が与えられている。私たちはそれに連なっている枝として、全てを許され、愛され、賜物が与えられ、用いてられている。その喜びが教会の働きへと導いて下さる。罪の根源は、人を見下す・差別・むさぼり等。礼拝を守り、祈り、交わりを通して、この罪から救ってくださっている神を知り、み言葉に立ち返る信仰に導かれる…』と語られました。

私たちは苦しい困難な時、なかなか立ち上がれなくて、み言葉に立ち返ることが難しいことがあります。神がいつも共にいて下さり、時には背負ってさえ下さることに気づこうとしないで罪あるままにとどまってしまいます。教会生活を続けることで、み言葉に立ち返る歩みが出来ることを教えられました。

筑波学園教会牧師就任式            Y.M

5月15日聖日礼拝の後、筑波学園教会の福島純雄先生の就任式に加藤久幸先生と共に参加しました。疋田國麻呂関東教区議長の司式で、地区の教会からの参列者の前で牧師・信徒のそれぞれの格調高い誓約が交わされました。
 その後の懇親の時に、無牧の期間に代務をされた加藤先生に対し、口々に感謝の言葉を述べられる学園教会の皆さんの笑顔が印象的でした。
 福島先生は福島県の郡山教会で長年牧会をされ、ご家族は奥様と3人のお子さん、愛犬と共に3月末に転任してこられました。ご活躍と地区の交わりがますます、神様に祝福されますように。

地区女性部総会報告              H.M

4月26日・火、勝田教会に於いて地区女性部総会・会長会が開催されました。当教会からは2名参加。議案はすべて原案通り承認されました。
女性部新委員 (任期2年)
委員長:宮嶋裕子(勝田教会)書記:椎名美和子(水戸教会) 会計:木村順子(日立教会) 教区委員:山根惠美子(学園教会)
社会部協力委員の選出は新執行部に委任されました。2012年度教区教会婦人会連合総会・修養会は茨城地区が開催担当となるため、「修養会準備委員会」が組織されているとの報告がありました。また、水海道教会が2012年度4月地区女性部総会・会長会の会場教会となりました。まだ先のことですがご協力お願いいたします。
 勝田は東日本大震災の大きな被害を被った地です。総会の開会礼拝で被災者のための祈りがささげられました。幸い勝田教会に大きな被害はありませんでした。

2011年度地区総会報告

 3月27日「茨城地区総会」がTCC(つくばクリスチャンセンター)で開催されました。当教会からは加藤久幸・輝勢子牧師と大久保望、松本宏子の4名が参加しました。議案はすべて賛成多数で承認されました。また、地区長選挙・地区委員選挙が行われ地区委員の役割分担も決まりました。大洗ベツレヘム教会交流委員会は解散。

茨城地区新体制(敬称略)
地区長  久保田愛策(鹿島・牧師)
地区委員
 書 記 橘  秀紀(水戸・牧師)
 会 計 若月 健悟(諸川・牧師)
 教師部 島田  進(日立・牧師)
 教育部・青年部  鈴木 光(勝田・牧師)
 社会部 小林 祥人(取手・牧師)
 信徒大会・役員研修会
     服部 利明(筑波学園・信徒)
 伝道部 平野 和夫(竜ヶ崎・信徒)
 TCAC  加藤 久幸(水海道・牧師)
《陪席》 青年部 萩原 大之(牛久・信徒) 
女性部 宮嶋 裕子(勝田・信徒)

尚、当総会を以って加藤久幸牧師は地区長を、松本宏子は地区委員(伝道部担当)をそれぞれ退任しました。2年間お疲れさまでした。

2011年度予定   ●は実施済

茨…茨城地区  教…関東教区  団…日本基督教団  婦…関東教区教会婦人会連合  

2011年
●4月24日(日)  茨・第1回地区委員会[変更の可能性あり]
●4月26日(火)  茨・女性部総会(勝田教会)
●5月25日(水)~26日  教・第61回関東教区総会(大宮市・ソニックシティ)

●6月3日(金)  婦・総会(大宮教会)[今年度修養会は中止]
●6月6日(月)  茨・第1回教師会
●7月10日(日) 茨・第2回地区委員会
●7月  日( ) 茨・青年部夏期キャンプ
●8月9日(火)~11日  教・中高青キャンプ(栃木県・アジア学院)
●9月5日(月)~6日  茨・第2回教師会
●9月18日(土)~19日  教・社会活動協議会 (水戸教会)講師 桃井和馬氏
●9月23日(木)   茨・CS生徒大会(日立教会)
●10月7日(金)   茨・女性部修養会(日立教会)
●10月9日(日)   茨・第3回地区委員会
11月3日(水)   茨・社会部研修会⇒中止
●11月7日(月)   茨・第3回教師会
●11月23日(火)  茨・役員研修会(場所未定)※茨城地区だより発行 ※信徒大会は2012年度に開催予定(役員研修会と隔年開催)

2012年
●1月9日(月)  茨・教会教育研修会(TCC)
●2月12日(日)  茨・第4回地区委員会
●2月13日(月)  茨・第4回教師会
●2月か3月     茨・青年部半日集会
●3月11日(日)  茨・地区総会

聖餐に関する学習会に参加して

第1回目
1月29日(土)大宮教会
  講師:荒井 献先生 
   恵泉女学院大学名誉教授
第2回目
  2月19日(土)大宮教会
   講師:中野 実先生
   東京神学大学教授

教団・教区ではここ数年、聖餐問題(聖餐は受洗者のみが預かるのか、未受洗者にも開かれるものかの二つの立場)をめぐって論争が重ねられてきました。教団は、教団の正教師である北村滋郎横浜紅葉坂教会牧師に免職処分を公示しました。処分に抗議する動きもあります。

この様な動きがある中で上記の学習会が開かれました。これはまた、学習会を開いてほしいという声に教区が応えて開かれたものです。教区執行部からは、来る5月の教区総会に「3回目の学習会開催を提案したい」旨の発言がありました。
 
学者の講演を浅学な者が要約したり、それについて軽々に語ることは差し控えたいと思います。
あえて大胆にお二人の立場を言うならば、荒井先生は「開かれる方向」を、中野先生は「閉じる方向」を示されながらお話をされたと思います。

学者の先生や牧師には深い研究をお願いしたいし、それぞれの立場から論争を深めてほしいとは思います。私たちも独りよがりや思いこみの解釈を避けるためには学びは必要だと思います。

しかし一人の信徒が素朴に思うことは――「どちらかだけが正しくて、もう一方は切り捨てるべきもの」なのだろうか?ということです。その態度が、果たしてイエスが指し示し、私たちが待ち望む神の国のありようなのだろうかということです。オープンか、クローズかではなく、一方を切り捨てようとすることが問われるべきことなのではないでしょうか。 H.M


△ページトップへ

スーパーコピー時計 ロレックススーパーコピーN級品偽物
ウブロ時計コピー オメガコピー
シャネル偽物 パテックフィリップスーパーコピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー