http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

醤油<餃子     青年会社会科見学    Y.Y  

ファイル 561-1.jpg6月22日に青年会で醤油工場に見学に行ってきました。私はこの青年会での催し物に初参加ということで、とても緊張やらワクワク感やらで何とも言えない気持ちでした。

場所は野田にあるキッコーマンの醤油工場で、一歩工場内に入ると醤油のにおいでいっぱい。においを嗅ぐと同時に「ああ、やってきたんだ」とテンションが徐々に上がりました。ファイル 561-3.jpg

においを嗅ぐと同時に「ああ、やってきたんだ」とテンションが徐々に上がりました。工場見学は醤油が造られる過程をビデオで見て、その後ガイドの方に工場内を案内していただくというものでした。キッコーマンのあの印は「亀甲」に「萬(万の旧字体)」の字を組み合わせてできたそうです。

また、醤油が造られているところを間近で見られるのかと思いきや、実際はそうではなく、ガラス越しに機械の説明がどんどんされていくもので少し物足りないような気もしました。衛生面を考えるとそれも仕方がないファイル 561-2.jpgのかな?とも考えつつ醤油の知識が増えて醤油博士の第一歩を踏んだ感覚です。見学を終えた後は1人1つ醤油をもらいお土産や醤油ソフトクリームを堪能し前半は終了。

ファイル 561-4.jpg後半はホワイト餃子本店で餃子をいただきました。あの時の私たちはおいしい餃子を食べて素敵な気持ちで帰ると思っていましたが現実はそうではなかったのです。頼んだ餃子の数はなんと220個。食べても、食べても減らない餃子。

次から次へとやってくる餃子の皿。最初のうちはおいしいと思って食べていた餃子も食べる回数を重ねるうちにだんだんと箸が止まっていきました。ようやく食べ終えるころには餃子の「ぎ」の字も見たくないような満腹感に襲われ、私たちの顔もまるで生気がない様。地獄絵図と化しました。私にとって前半の楽しい工場見学よりも確実に記憶に残る出来事となりました。注文する際には多すぎず少なすぎず、腹八分目な量がちょうどいいですね。楽しかった工場見学。ファイル 561-5.jpg


いろいろなことを学んだり、お腹が苦しかったり、とてもいい思い出となりました。

 米寿お祝い    婦人会7月例会

7月13日、礼拝後婦人会例会が行われました。婦人会の申し合わせには「会員が88歳になった時にはお祝いをする」と書かれております。5月23日、Hさんが88歳の誕生日をお迎えになりましたので、ささやかなお祝いをしました。Hさんにカード、花束、お菓子がプレゼントされました。ファイル 560-1.jpg

Hさんはいつも礼拝と奉仕を大切にされ、細やかな心遣いをされています。何かあると真っ先に駆けつけて下さる方のお一人です。また、学園や子どもたちを想いやって下さいます。

Hさんが作る小さな毛糸のボールは育ちサポートセンターの小さい子どもたちのお気に入りのおもちゃになっています。

婦人会では今後米寿を迎える会員が続きますが、共々に神様の祝福の時を過ごしたいものと思います。

女性部総会・会長会

水海道教会を会場に、4月29日(月休)2014年度茨城地区女性部総会・会長会が開催されます。
女性部集会の会場教会の要請は以前からありましたが、会堂改修事業や震災の関係で応えることが出来ずにおりました。女性部からは被災お見舞いもいただいております。今回は感謝を以って会場教会としての奉仕をしたいと思っております。60人程度の参加が予想されますので、幼稚園ホールも使用しての集会となります。会場づくり等の準備を4月28日(月)に予定しております。
皆さまのご協力をお願いいたします。

KKSお泊り会          N.O

KKSお泊り会が3月29日30日に行われました。たぶん6回目になります。今回は土曜日の午前中からみっちり働いていただきました。中学生・高校生・大学生・社会人・壮年・牧師の計11名での活動となります。日曜日の朝に感想文を書いてもらいましたのでどうぞご覧ください。ファイル 525-1.jpg

中学3年  M.I
ぼくは、今回でKKSお泊り会にくるのは3回目になりますが、今回は教会が改装されてからのはじめてのお泊り会で、前のお泊り会ではやっていなかったことがありました。それは、労作(ジャガイモ植え)と映画鑑賞です。でも、いつものメンバーが集まったのでいつもの日曜学校のようなふんいきになって、たのしくすごすことができました。一日目の午前中は、畑を作ってジャガイモをうえました。暑いなか、行いましたが、がんばりました。夕食はハンバーグ定食をつくりました。ぼくはキャベツの千切りに挑戦しました。はやく切ることはできませんでしたが、細かく切ることができたので、よかったです。銭湯にいったあとは、映画鑑賞をしました。来年もまた、参加したいです。
               
高校1年  M.K
今回でKKSお泊り会への参加は4回目になります。4回目だからといっても特別なわけではありませんが(笑)初めは労作だ。畑を作るのは聞いていたがあんなに雑草が頑張って生えているとは予想外だった。だけど、皆で協力して、なんとか、それなりのものができた。良かった。(畑作ってる最中、いろいろと発掘されて楽しかった。)そのあと、買い物に行って、夕食を作って食べて、湯楽の里に行った。家では、できないサウナ、水風呂を繰り返したりできてなんか楽しかった。なんだかんだで、KKSのお泊り会は、いつも未体験のこともあり、楽しい。「また来年も皆で参加したいなぁ」と思った。また来年も参加しよう。ファイル 525-2.jpg
   
 高校1年  K.I
今年でKKSキャンプ4回目を迎えた。今年は今までと違う感じで始まった。午前集合、労作がスタートだったのだ。(たまにはこういうのいいかも、なんて始めだけ思ってました)今年は今までと比べてとても行動力があったと思う(2度のKKSは覚えてません。去年と比べてです)。それにより、自分が少しではあるが成長していることが分かった。来年は、もっと成長できるよう努力したい。

 高校2年  Y.K
今年が五回目になりますKKSお泊り会ですが、今回は午前からの開始。まずはジャガイモ等を畑に植えるため、庭を耕しました。気温が高いこともあり、汗でびっしょりになりながらスコップを振るいました。いい運動になったのではないでしょうか。次に昼食を買い出しに行きすべて予算内に納めることができました。夕食はハンバーグ、ポテトサラダ、みそ汁。とても良い出来でした。風呂は湯楽の里に行き、銭湯を存分に堪能した後、コーヒー牛乳を飲みました。帰って来た後は仮面ライダーのDVDを見ながら皆でお菓子を食べながらゲームをして過ごしました。今年はあまり夜更かしをしないで寝ました。朝起きた後は皆で協力して作り、これを食しました。パンとベーコンエッグです。
今年はみんなの動きに積極性が見られ、去年よりスムーズに楽しく過ごせました終り。
          
ファイル 525-3.jpg高校2年   Y.H
僕は、三回目の参加でした。 毎年、毎年、新しい事に挑戦してきましたが今回は畑作りをしました。 初体験でした。
小学生の時、田植えはしたのですが。 畑にはじゃがいもを植えました。 今から収穫が、すごく楽しみです。その後は、ミーティングをし、お昼を食べ、夕食の買いものをして、夕食のハンバーグ定食を作り、みんなでお風呂に行き、その後、いつもの自由時間に、今年は、映画を見ました。(2本程)今年は、時間的にも、お金的にも計画的かつ、余裕でした。また、みんなに積極性が見られて良かったと思います。

大学4年  K.K
今回のKKSのお泊り会は、午前中から集まり畑を作りました。メンバーに関しては、いつも教会学校に来てくれているメンバーが集まりました。そういう意味では、午前中から活動を行うことは、初めてでしたがメンバーはお泊り会の経験者だったのでかなりスムーズに進められたように感じました。ファイル 525-4.jpg
また畑作りにおいても、未開拓の土地を畑にしたりなどかなり苦戦する部分も多くありましたが、作業中はずっと笑いながらみんなやっていました。こういう所もKKSのお泊り会に参加してきたからこそ、みんな楽しむことができるているのかなと思いました。 仲間と何かをするというのは、それだけで思い出深いものになると思います。そしてそういった経験の積み重ねが人生において財産になっていくのではないでしょうか。このKKSのお泊り会がそういったものを思わせてくれるものになっていければと思いました。

  H.T
 私は今回の泊まり会は予定があり、途中からの参加となりました。夕食作りから参加しました。夕食のメニューはハンバーグとポテトサラダとみそ汁でした。メンバー全員で分担して作りました。
夕食の後は銭湯の湯楽の里に行きました。湯楽の里では様々な湯を楽しみました。湯上りにコーヒー牛乳などを全員で飲みました。
教会に戻ってまた後は自由時間となり各々で映画を見たり、ゲームをしていました。その後は、それぞれで寝場所を作り、就寝しました。
次の日は朝6時に起床し、朝食を食べました。ちなみにメニューはベーコンエッグとトーストとヨーグルトでした。途中からの参加でしたがななかなか有意義に過ごせました。次の機会があったら今度は最初から参加したいと思います。ファイル 525-5.jpg
             
M.K
 去る3月30日の早朝、礼拝堂は中高生キャンプの宿泊所に変わっていた。
 これまで2間続きの日本間があったが、それがロビーとなり、中高生のお泊まり会で寝る場所がなくなってしまった。申し訳ないことでしたが、29日の夜から翌30日にかけ、チャペルは臨時の集団寝室に変えられた。実はわたしもそこに寝た一人。
30日、朝5時半、目が覚めてあたりをみまわすと、なんとベンチを二つ寄せ合わせた急ごしらえのベッドにゴロゴロと寝袋が、1つ2つ…5つ、なんと7つもの人間が転がって熟睡中であった。さらにロビ-に1つ、母子室にまた1つが転がっていた。
前日、少年たちは輝勢子先生の指導のもと、牧師館の庭にじゃが芋植えの仕事を初体験した。暑い午後となり、なかには上半身裸で耕しをした子もいた。買い出しに行き、夕食作りをこなした。下に弟、妹たちがいる子は母親を手伝って慣れているらしく、手際よくハンバーグやベーコンエッグを作るコックになった。銭湯は取手まで車で行ってきた。映画を楽しんだ後、人によっては明け方までゲームを楽しんでいたはず。
畠作りは今年が初めての体験となった。
例年、水田作りのまねごとは経験済みだが、畠は初めて。街うちに成長した彼らは稲作りも、脱穀も知らずに成長し、まして じゃが芋作りなどは知るべくもない環境に育ってきた。
輝勢子先生はまこと有意義なアイデアを提案し、実行させてくれました。
人は種まくが、それを育てて下さるのは神。
今年の収穫感謝祭は、神に、人に、そして自分たちの体験に感謝できるよき記念となることでしょう。

婦人会総会           H.M

3月16日(日)礼拝後2013年度婦人会総会が開かれました。2013年度活動報告、同会計報告、2014年度活動計画、同会計予算は全て承認されました。

県南地区  世界祈祷日         H.M

ファイル 518-1.jpgファイル 518-2.jpgファイル 518-3.jpgファイル 518-4.jpg

3月7日(金)、牛久教会で県南地区の「世界祈祷日」の集会が開かれました。「世界祈祷日」はNCC(日本キリスト教協議会)主導で毎年行われております。超教派の集会で、各地の女性のグループが準備に当たりますが、誰でも参加できます。水海道教会はしばらく遠ざかっておりましたが、今回お誘いを受け、3名が参加しました。

小冊子「エジプトからのメッセージ―砂漠を流れる川のように―」の式文を用いて礼拝が行われました。この式文は2011年の「アラブの春」の混乱の中でエジプトの女性たちによって作られました。世界祈祷日は128年間、世界の平和を祈って捧げられてきましたが、今も世界の各地には争いと緊張が続いています。遠く離れた局地的な争いと見えても、緊密に張り巡らされた政治や経済の結びつきは、直ぐに日本へも影響を及ぼし、私たちの生活にも影を落とすことになります。
現代に生きるものにとって、世界を視野に入れた礼拝は有意義なことと思いました。

青年会お餅つき        N.O

ファイル 495-1.jpg1月12日、新年2回目の日曜日ですが青年会主催のお餅つきをしました。もち米は前の日にといで水につけておきます。幼稚園の給食室をお借りしてCS礼拝の時間に蒸篭(せいろ)で蒸します。蒸しあがって臼に入れたらまず杵でこねます。ご飯粒が見えなくなるまでこねたらもう半分終わったようなもの。
ファイル 495-2.jpg        ファイル 495-3.jpg
これからつきますがまずM.Kさんがお手本を見せます。まさに「昔取った杵柄」不必要な所に力が入らない見事なフォームです。続いて中高生がぺったんぺったん。小学生も手伝ってもらいながらぺったんぺったん。
今回は輝勢子先生がいないのでKくんに返し手をしてもらいました。ファイル 495-4.jpgc


もち米は5Kgを用意して2臼に分けたので1臼2.5Kg≒1升7合 臼は2升臼なのでほぼぴったり。つきあがったお餅は幼稚園の先生たちにちぎってもらって黄な粉、お醤油、磯部巻き、納豆、大根おろしなどでみんなでいただきました。

当日は寒くなるかなと思っていましたが陽射しがあり外にベンチとテーブルを出しました。お餅つきの日はいつも晴れている気がします。残ったお餅は大人の礼拝後にお汁粉にして教会の皆さんに振舞いました。

婦人会クリスマス祝会

ファイル 485-1.jpgファイル 485-2.jpgファイル 485-3.jpgファイル 485-4.jpg

12月8日(日)婦人会クリスマス祝会がラウンジで行われました。参加者15名。当日のテキストはサムエル記上1:9~21 クリスマスの賛美歌を歌い、一足早くクリスマスの気分に浸りました。

特別なお弁当と、いちごのショートケーキ、みかんとコーヒーの愛餐を感謝していただきました。昨年まで各自が用意していたプレゼント交換は、会で品物を用意してくじ引きで配られました。置物、湯呑、虫眼鏡などを手にして、小さな歓声が上がりました。

輝勢子牧師が用意してくださったゲームも全員参加で楽しみました。特に、3人1組で床に敷いた新聞紙に乗るゲーム・・新聞紙をどれだけ小さく折りたたむことができるかを競う・・は盛り上がりました。折りたたむごとに体を密着させ、抱き合い、支えあい、普段はあまりしない片足立ちをしたり・・と。

献身者ホーム「にじのいえ信愛荘」への献金、療養中やホーム入所中の会員へのクリスマスカード書き、教会クリスマス愛さん会・学園親子のつどい、新年会などについて話し合いをし、3時半頃解散しました。

アジア教会婦人会議日本委員会-ACWC・J -

一日研修会 報告

新しく建て替えられた富士見町教会に於いて11月8日(金)ACWC・J一日研修会が行われました。水海道教会から久家喜美恵さんと溝手美知子が出席しました。ACWCでは、各国の委員会が毎年順番で礼拝式文を作成します。今年度はカンボジア・カンプチャ基督協議会女性部が準備した式文を用いて礼拝が守られました。

▼主題 「明日に向かうアジアの女性
~主の呼びかけにこたえて~」

▼聖書研究 
「明日に向かうアジアの女性」講師:辻順子牧師(東京・下谷教会)イザヤ書50章4節 第2イザヤ期の歴史背景、環境、女性がどのような理由で虐げられていたか等、僕(しもべ)達の歩みを通して私たちへ心の痛いメッセージをいただきました。

▼発題①  発題者:大津恵子さん
(日本基督教団矯風会理事)
大津さんはいろいろな働きをされていますが、現在は主に外国人女性と子ども達の人権擁護活動をされています。人身売買、DV(ドメスチック・バイオレンス/家庭内暴力)被害者女性の救済等の活動をされながら、法整備にも力を注いでおられます。

▼発題②  発題者:上沢伸子さん
(グリマ・ジャパン代表)
「グリマ」とはガロ語で「団結・結束・共働」を意味するということです。上沢さんはバングラディッシュの少数民族ガロ族の女性たちと共に働き、女性の自立のための支援をしておられます。裁縫、農業、雑貨店開設等に日本とガロのよい技術を取り入れながら共同で活動しています。例えば、共同貯金の低金利信用貸し付けを利用し、ミシンを購入しての洋服づくりや、子山羊・子豚・子牛を飼育したり、苗を育てたり、雑貨店を開設して現金収入を得る仕組みを作ったりしてきました。少しずつ女性の自立が見られるようになっているということです。

▼リーストコイン2013年度の配分先について
日本委員会は、3.11東日本大震災支援のための活動を担っている「東北教区被災者支援センター・エマオ」を配分先として推薦したということです。

▼参加教派 参加者数
救世軍、在日韓国基督教会、日本基督教団、日本聖公会、日本福音ルーテル教団、日本バプテスト同盟、日本バプテスト連盟の7教派。473名の参加でした。

女性部修養会               H.M

10月14日(月・祝)水戸教会において茨城地区女性部修養会が行われました。テーマは「大好き茨城地区 私たちの牧師を知ろう」。水海道教会の輝勢子先生と土浦教会の嶋田恵悟先生の「証し」をお聞きしました。

輝勢子先生のお働きを地区の皆さんに知っていただくとても良い機会になったと思います。また、賀川記念館が紹介されたこともよかったと思います。嶋田先生は土浦教会でのお働きを楽しそうにお話されました。

昼食の時、守谷伝道所から初参加のお二人と偶然同じテーブルになりました。バザーもあり水海道教会婦人会も出品しました。

参加者86名、水海道教会からは久幸牧師、婦人会員4名。来年度の女性部総会の会場は水海道教会です。ご協力お願いいたします。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー