http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

臨時教会総会のお知らせ

臨時教会総会

日時 2013年6月23日 礼拝後
場所 教会礼拝堂
議題 太田光夫牧師招聘の件

御欠席の方は委任状の提出をお願いいたします。

日本基督教団 水海道教会
主任牧師 加藤久幸

平和の至福を身に帯びて        牧師 加藤久幸

2013年6月2日(日)、水海道教会は創立114周年を迎えます(教会創立は1899年〔明治32年〕6月2日です)。

この日、水海道教会の会堂整備委員会・教会役員会は、冬の臨時総会(今年2月3日)、春の定期総会(4月28日)における私たちの決断を踏まえた、最終的な工事計画と資金計画を確認する予定です。教会の皆さまには、翌週6月9日(日)には、その内容を示し、教会全体で共有し、会堂の改修工事の備えに入ります。概ね、次のようなことが予想されます。

  6月中旬~7月中旬  出発の確認・準備
  7月20日~8月31日 改修工事・仮住まい
  9月上旬~9月中旬  改修後の教会に戻る
9月15日~16日 長寿祝福・教会キャンプ

いささか幻想的に響くかもしれませんが、私は、今回の改修工事の期間に経験することを、自由の民になることを求めて出発した「出エジプト」、神の民となるために捕囚から出発した「帰還の旅」に譬えたいと思います。
 
改修工事期間中、私たちは学園の施設を借りて、仮住まいの教会生活をすることになります。恐らく、不便を感ずることもあるでしょう。しかし、その時、私たちは、私たちの教会生活に本当に必要なことは何かを考えるでしょう。また、私たちは、見も知らぬ全く別のところに身を寄せるのではない幸いを覚えるでしょう。しかし、同時に、本当に幸いなことを何かを考えるでしょう。
 
このことは、現実的に、極めて具体的に、直接体験として、迫られるでしょう。仮住まいの旅のために、私たちは何を携えるべきか? また、新しい生活は始めるために、なくてはならないもの

は何か、捨て去るべき私たちに不要なものは何かを、問われるのです。教会という観点でいえば、教会が身に帯びていなければならないものは何か、教会に持ち込んではならないものは何かを、問われるのです。
 
教会に限らず、私たちは、人の生き方・存り様として、第2次大戦中にも、また被災を体験して新しい歩みを求めている今この時にも、この大切な出来事を体験し歩み続けています。
 
教会そして学園の歩みの中で、今から40年程前に、大きな出来事がありました。

1971年(昭和46年) 幼稚園本館建設
1976年(昭和51年) 教会堂建設
1979年(昭和54年) 幼稚園別館建設

各々の年代は申請時のものですが、42年前に幼稚園が、37年前に教会が、橋本町から現在の天満町に引っ越してきたのです。移転の準備、その渦中の歩み、その後の新生活のスタート、当時のご苦労と喜びを想像いたします。また、何を夢見て、この新しい地に旅立ってきたのかを、改めて想像いたします。

今回、私たちは、新しい地に向けて出発するわけではありません。しかし、私たちは、この夏の体験が、私たちが自由の民・神の民であるための大切なことを身に帯びる機会としてあることを、受けとめ過ごしたいと思います。秋に、再び会堂に戻ってくる時に、私たちは、新しい革袋に入れる「新しいぶどう酒」(マタイ9・14~17)を携えて、喜びのうちに帰還することを願って、出発の確認と備えをして旅立ちましょう。

預言者風に言うならば、「平和を実現する人々は幸いである」(マタイ5・9)という至福を、私たちが携えて帰還しましょう。それまでの各々の夏の旅路を、主が導き守ってくださいますように。

第25回野尻キャンプのご案内

野尻キャンプ参加希望者の皆さまへ


                         2013年5月1日
日本キリスト教団水海道教会
牧 師  加 藤 久 幸
野尻キャンプ 実行委員会
      
      303-0034 常総市水海道天満町1712-7
      TEL:0297-22-3035 FAX:0297-22-4477 

水海道教会の野尻キャンプについて

お恵みのもと、お元気でお過ごしのことと、お慶び申し上げます。

ファイル 409-1.jpg今年も、野尻キャンプの募集の時期となりました。水海道教会の野尻キャンプは、長野県・野尻湖キャンプ場において、シンプルな生活の中での活動を通して、自律と協調性を養うことを目的とした教育キャンプです。

自然の中でのキャンプなので、自分の“いのち”は自ら守ることが基本となります。また、普段の生活では経験しないような厳しい面もありますが、子どもたちは、自然に触れ、お友だちやリーダーと交わり、たくさんの出会いと経験を積み重ね、“いのち”の大切さを学んでいきます。
 
野尻キャンプには、二葉幼稚園を卒園して小・中学生時代にキャンプに参加した青年たちが、リーダーとして参加します。また、教会学校リーダーの幼稚園の先生方も参加します。毎年参加する子どもやリーダーも多く、各々の成長を見守る、教会ならではの家族的なキャンプの味わいがあります。

参加をご希望の方は、先ずは、5月26日(日)のキャンプ説明会にお出でください。各々の細かな疑問や心配な事項にもお応えいたします。説明会、そして、キャンプへの皆さまの参加を、心よりお待ちしています。

*野尻キャンプは、水海道教会のプログラムです。普段教会学校に来ていない お友だちも参加できます。ご参加をお待ちしています。

*東京YMCA野尻キャンプ場は人気が高く、YMCA以外でこのキャンプ場でキャンプを行っているのは水海道教会(例年:7月22日~26日)だけです。

*教会学校に継続して参加している子どもたちには、野尻キャンプ参加補助があります。詳しくは、教会学校で、お知らせをいたします。

〈ご案内〉ファイル 409-2.jpg

キャンプについての説明会を下記の日程で行います。説明会の内容は、このキャンプの目的や願い、子どもたちがどのような経験をしているかなどについて、紹介します。キャンプに参加しようと考えている方、また、今年の参加の予定がなくとも、野外活動・野外教育に関心がある方は、どうぞご出席くださいますようご案内いたします。

〈説明会〉
 日  時  2013年5月26日(日)午後2時~午後3時30分
場  所  水海道教会礼拝堂
内  容  説明会
①教会のキャンプとは
②野尻キャンプの紹介
③キャンプの参加申し込みについて
(キャンプで行う歌やレクレーションなども行います。)

〈キャンプ要綱〉
日  程  2013年7月20日(土)~7月24日(水)《4泊5日》
場  所  東京YMCA野尻キャンプ場(長野県上水内郡信濃町桐久保)
対  象  小学1年生~中学3年生
定  員  40名(部屋割りの関係上、男女の定員が各々あります。)
参 加 費 小学生 49,000円
       中学生 50,000円
申 込 み  5月26日(日)の説明会の後から受付を開始します。同封の申込書に必要事項をご記入(印鑑も必要になります)の上、申込金10,000円を添えて、お申込みください。
備  考  締切は6月16日(日)までとなります。定員になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。
      (お電話での受付はいたしません。ご了承ください。)

このキャンプ経験者で、高校生以上の方はリーダーとして、参加できます。かなりハードですが、ご希望の方は、実行委員会まで是非ご連絡をください。

〈今後の予定〉
 *打ち合わせ会
    日 時 6月30日(日)午後2時~午後3時30分
    場 所 水海道教会礼拝堂
対 象 キャンプ申込み者と保護者
内 容 キャンプ参加の準備と諸連絡
 *思い出会
    日 時 8月25日(日)午後2時~午後3時30分
    場 所 水海道教会礼拝堂  *場所が変更になる場合があります。
    対 象 キャンプ参加者と保護者 関心のある方
    内 容 キャンプの報告と分かち合い
          *思い出会の終了後、キャンプ写真販売等を行います。

主催 日本キリスト教団水海道教会 野尻キャンププロジェクト実行委員会
*キャンプについて、質問などありましたら、いつでもお尋ねください。
常総市水海道天満町1712-7 TEL:0297-22-3035(二葉幼稚園と兼用)

レント(受難節)

13日(水)灰の水曜日からレント(受難節)に入りました。レントは日曜日を除くイースター(今年は3月31日)までの40日間です。私たちの教会は消火礼拝をおこないます。

教会堂整備に向けて、また一歩   牧師 加藤久幸

ファイル 389-1.jpg2月3日(日)礼拝後、臨時教会総会が行われました。具体的なことは総会議案書に記されていますが、議案第1号は「教会基本財産の組み替えに関する件」、議案第2号は「教会堂整備に関する件」でした。皆さまの祈りと決断により、二つの議案は承認されました。感謝をいたします。
 この決断を経て、私たちは、教会堂の整備に向けて、また一歩を踏み出すことになります。
         *
本日、教会ディキャンプが行われます。主題は、「来年度の教会について~希望をともにつむぐ~」です。牧師は、礼拝説教(キャンプ発題)で、教会の交わり・歩みのもともとの姿を示すことができればと願っています。会堂整備のことが気になる方もおられると想いますが、先ずはやってみたいことを話し合いましょう。来年度私は教会でこんなことをしてみたいという思い、私はこれからこんなことをしようと考えているという希望を、互いに語り合いましょう。交わり、食事を共にし、互いに寄り添うようなキャンプ(研修)になればと願っています。
         *
教会キャンプの後に、会堂整備委員会が行われます。臨時教会総会で皆さまから出された意見を受けとめ、工事内容のとりまとめをする予定です。その後で、どの業者に工事をお願いするか、どういう方法で業者を選ぶのかを、相談いたします。臨時教会総会では、今後の作業(工事内容のまとめ、施工業者の決定など)を委員会ならびに教会役員会に委ねていただきましたので、この作業をすみやかに進めていくことにします。施工業者が

決まるということは、工事請負金額が決まるとい
うことです。工事金額が決まると、その他の必要経費も決定して、工事の資金計画を策定することになります。作業の進み具合は教会に丁寧に報告していきますが、教会定期総会(4月21日予定)で、工事の最終的な計画と資金計画を提示し、承認を得たいと考えています。もし、お気づきの点
や要望がありましたら、どんな小さなことでも、整備委員ならびに教会役員までお伝えください。また、整備委員会と教会役員会の働きのために、ご加祷くださいますようお願いいたします。
          *
水海道教会と水海道教会学園は、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」により、少なからず被災を受けました。教会も学園も、ゆっくりではありますが、復興の歩みを辿っています。この間、関東教区や日本キリスト教団、志ある教会・団体・幼稚園などに覚えられ、献金もいただいてまいりました。私たちは、今なお被災を受けられて歩んでいる方々の歩みを覚え、祈り、自らの成しうる働きに勤(いそ)しみながら、復興の道を歩みを共に歩んでいきましょう。

2月13日(水)「灰の水曜日」を迎え、レントに入りました。主イエスの受難と十字架の道を辿り、私たちは3月11日を迎え、3月31日イースターを迎え、新年度の歩みへと入っていきます。主イエスの憐れみと慰め、導きが親しくあるよう祈りつつ、歩みましょう。

2012教会ディキャンプのお知らせ

日時:2月17日(日)礼拝後
会場:水海道教会(二葉幼稚園)
主題:「来年度の教会活動について」


主題についての話し合いを踏まえ、役員会で検討を重ねて、4月の教会総会の議案とします。
 
社会情勢の変化、教会に集う人の年齢構成の変化、家庭の状況の変化など、私たちは常に自分自身を含めて、様々な変化の中に身を置いています。神の存在は、如何なる時代・場所にあっても変わるものではありませんが、信仰を深め、心地よい豊かな交わりを深めるためには、見直さなくてはならないことがある、と思います。

「教会がこうであったらいいなぁ」「教会でこんなことをしたいなぁ」など、日頃、感じていることや考えていることを話し合う機会を持ちたいと思います。

2012 クリスマス・報告

明けましておめでとうございます。恵みのうちにイエス様のご降誕を迎え、新しい年の歩みが始まりました。主の指し示す神の国が成ることを待ち望みつつ、一人一人がそれぞれの持ち場を通して、建設の業に預かることが出来るよう導きをお祈りいたします。
 
さて、水海道教会のクリスマス礼拝、聖夜礼拝、愛餐会、祝会、各グループの祝会など滞りなく行われました。祝会・愛餐会の参加者は約70名でした。特に、K.Wさんが受洗されたことは大きな喜びです。子どもたちと深くかかわるK.Wさんの洗礼式が、子どもたちも一緒に見守るクリスマス礼拝の中で行われたことは、たいへん感慨深いことでした。K.Wさんの上に豊かな恵みと導きがありますように、水海道教会の交わりが、ますますよきものとされますように。

クリスマス献金報告

クリスマス献金の集計結果をご報告いたします。また、1月役員会で検討の上、27団体にお送りすることとなりましたので合わせてご報告いたします。

クリスマス献金は、この他、クリスマス関係諸経費及び教会諸活動のために用いられます。ありがとうございました。

第5回会堂整備委員会の報告 加藤久幸

11月18日(日)礼拝後、圓建築設計事務所にも同席していただいて、教会協議会を開催しました。

内容は、会堂整備委員会が提示した案(参考:当日資料の図面)をもとに、活発な質疑応答がなされました。この協議会の話し合いで、次のことを共有しました。

(1)基本設計策定は会堂整備委員会に委ねること、(2)教会としての会堂整備の決定は2013年1月か2月に臨時教会総会を開催し、実施計画(最終案)を諮ることを確認しました。

教会協議会を受け、12月2日(日)第5回会堂整備委員会が行われました。協議事項は、1.基本設計、2.資金計画(案)、3.臨時教会総会開催です。 

1.基本設計にあたっては、①玄関・入口の高さを基準にして床面をフラットにする、②トイレは洋便器を2つとすることを、確認しました。その他考慮すべき事項、①の基準は経費から別の提案があれば提示することを含めて、設計事務所に最終的な基本設計策定を依頼しました。

2.資金計画(案)については、備品購入なども含め、全経費が2,000万円を超えることのないようにと協議しました。

3.臨時教会総会開催は、1月下旬か2月開催を予定し、必要な準備を進めていくこととしました。

年明けに、第6回整備委員会を開催し、上記3件の具体案を決定する予定です。教会全体にもその時々に報告をしてきていますが、いよいよ教会として会堂整備の決断をする時が近づいてきています。

水海道教会が、今までの歩み、「いと小さき者、誰でも集える教会」になる願いを継承し、これからも取り組みを進めていけるように、祈りと力を合わせたいと願っています。そして、そのために、私たちが今できることに力を注ぎたいと願っています。主の幻と導きを求め、私たちの新しい年の歩みを共に始めましょう。

2012年度 クリスマス予定

11月12日、クリスマス打ち合わせ会が開かれました。今年度実行責任者は加藤輝勢子牧師。
◎日程
12月2日(日)アドベント(待降節)第1主日
12月9日(日)アドベント(待降節)第2主日
12月16日(日)アドベント(待降節)第3主日
12月23日(日)アドベント(待降節)第4主日
12月24日(月)クリスマスイブ(聖夜)
12月25日(火)クリスマス(降誕日)

◎水海道教会のクリスマス集会の予定
12月7日(金)学園クリスマス会
12月9日(日)婦人会クリスマス
12月16日(日)CS幼稚科クリスマス会
12月23日(日)クリスマス礼拝(合同)10時半
        愛餐会・祝会     12時
        CS教師反省会    祝会後
        青年会クリスマス会
12月24日(月)聖夜礼拝        
キャンドルサービス  7時
キャロリング
※「クリスマスガイドブック」は受付にありますのでお取りください。

報告 教会ミニバザー

11月20日(土)二回目の教会ミニバザーが開かれました。教会に集うすべての人の協力によって行われ、学園関係者を中心とした地域の皆様をお迎えできたことを感謝いたします。

<利益(売上-仕入・諸費用)>
販売(婦人会・献品)  23,055円
壮年会   3,855円
青年会   5,006円
CS   7,263円
合計    39,179円   
<献金>  
 東日本大震災救援募金  10,000円
<教会活動のために>   29,179円

昨年同様、当日の奉仕者には無料の食券が配られ、青年会や壮年会担当の軽食を楽しみました。
通路の工夫などにより、販売会場となった礼拝堂を訪れる方が昨年よりかなり増えました。「次回からは、年度初めに、教会の年間行事として実施することをPRした方がよい」との意見がありました。(参照:役員会報告)残品は一部を学園「親子のつどい」で販売、一部を キングスガーデンバザーに献品します。皆さまお疲れさまでした。


△ページトップへ

スーパーコピー時計 ロレックススーパーコピーN級品偽物
ウブロ時計コピー オメガコピー
シャネル偽物 パテックフィリップスーパーコピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー