http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

不思議          加藤久幸牧師

ファイル 928-1.jpg今年は、日本列島の各地に、今までにはなかった「異常」気象が続いているように思われます。今までの挨拶や対応では通じないことが起こっている…。先日、北国で雪が降ったかと思うと、今度の土日(21日・22日)は全国各地で30度を超える真夏日になるところもあると、予報されています。実は、今までにあったことなのかもしれませんが、しかし、生身の人間として、不思議に感ずることがいっぱい起こっています。

 先日、Iさんの葬りの営みに、年長児のお孫さんが、最初から最後まで、付き合ってくれました。
大人からすれば、「自宅で最期を迎えたい」とか「尊厳死」とかが話題になる、最近の時勢です。

しかし、小さな子どもにとっては、〔死・遺体を見ることを含め〕葬りの営みは「めったにないこと」「想定外」の出来事で、たくさんの不思議があったことでしょう。幸いにもと云うべきか、そういう事情を心に留め、ご両親が丁寧に対応されていたように思います。
 
火葬の時、そのお子さんは、「なぜ火葬にするのか?」という疑問を示されました。私は、そこにいてくれる小さな遺族と参列者に、咄嗟に「火葬」にする意味をお話することになりました。


新年度が始まり、こども園では、子どもたちが人生初めてのたくさんの不思議に出会い、懸命に生きています。こどもたちが直面する不思議は、当たり前で、大事な問いかけを含んでいることがあります。大人の私たちも、いくつになっても、新しい日を迎え、不思議に感ずる事に出遭います。
 
私たち大人は、豊かな情報や知識・ツールを得て、何とか対処しているのでしょう。しかしながら、現代の子どもも含め、生身の人間として、新しい事態や変化に対応する人間の力は衰えてきてはいないかと考えてしまう、時勢でもあります。
 
どんな小さなことであっても懸命に生きる、命が懸かっている、そういう子どもの姿から学ぶことはあるのではないでしょうか。――火葬の場で「死んだ者は腐る」と語ったのですが、「命があっても死んでいる」、「命が与えられて生きている」等々、改めての新しい不思議に包まれています。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー