http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

児童館は野原や広場に    加藤輝勢子牧師


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

ファイル 923-1.jpg3月に入り、目白押しにいろいろな会議が入ってきます。館主催のものもあれば、他施設のものもあり、何とか帳尻を合わせて参加しています。

館主催の会議で地域の方に自分が子どもの頃に遊んでいたことを交えて自己紹介してもらいました。集まって来ていた人たちは40代~80代の方で、田舎から出て来た人も多く、野原や広場で遊んでいたとのこと。いつもポケットにはナイフとビー玉、パチンコを持っていて遊んでいたという人もいました。その方は時々校長室に呼ばれたそうですが、それでも今は立派な指導者です。

話を伺っていて、今の子どもたちが50年くらい前にタイムスリップしたら生きていくことができるのだろうか、また、ダイナミックに遊ぶこと(ケガを含めての自分の責任やリスクを回避する能力)ができるのだろうかと思いました。

50年くらい前は地域の子どもに注がれる温かい目がたくさんあっただろうけれど、そしてどこでも遊び場になっていたけれど、今は公園ですら、ボールを禁止したり、ケガが起きるとすぐに危険遊具として取り除いてしまう傾向にあります。お話を伺っていて、改めて児童館が今を生きる子どもたちの野原や広場にならなくてはいけないと感じました。

三寒四温と時を迎えています。草木が芽吹いてくる時期でもあります。前にも書きましたが私は沈丁花が好きです。歩いていてその香りがすると、足を止めて、どこに沈丁花があるかを確認します。「こんなところに咲いていたのか」と独り言。この時期にしか咲かないけれど、その場で花を咲かせる歩みをしていたのだと思いました。

牧師館横の桜の木も蕾が日に日に大きくなり始めています。卒園式、入園式に満開の桜がマッチングするといいのですが…。一雨一雨暖かくなり、エネルギッシュとも言わんばかりに庭の雑草もあっという間に広がりを見せています。
 
草木が太陽の光と温かさと雨をいただくこの時期に卒園、卒業、入園、入学、進級を迎える子どもたち、そしてその傍らにいる私たちも多くのエネルギーとパワーをいただいている感じです。
年度末、年度初めもう一踏ん張りします。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー