http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

青年会&CS お餅つき

年が明けて2週間たった1月14日に新春恒例のお餅つきをしました。これはずっと昔から青年会が主催で行われてきました。昔はたくさんついて配っていたようですが今はその日に食べる分だけになりました。今年も、もち米5Kgを用意しましたが升に直すと3升3合ぐらいになるようです。2升臼なので2臼分になります。

CSの礼拝が始まる前から米を蒸して約1時間。臼に投入します。杵でつく前にまず御飯状のもち米をつぶしてこねます。これが結構力のいる作業で大変です。御飯粒が見えなくなってまとまってきたらいよいよ「搗き」に入ります。

大人が見本としてついていきますが、すでに経験のある学生や高校生が中心です。少し疲れてきたところで、おっと、Kさんに交代です。これは見事な杵さばきですね。高校生とは60歳以上離れていますけど、力まかせ感のある高校生とは違って無駄な力は使っていません。まさに「昔取った杵柄」です。

おおかた、つきあがったら中学生や幼稚科の子どもたちにもついてもらいました。子ども用の杵も用意してあります。つき上がると、今度はCSリーダーのお姉さんたちの出番。熱々のお餅を手際よくちぎっていきます。そして海苔、醤油、黄粉、大根おろし、納豆などでいただきました。

つきたてのお餅はおいしいよね。でも子どもたちでは全部は食べきれないので大人の方にもおすそ分けです。これは輝勢子先生にお雑煮を作っていただきました。今年の最初の教会の会食になります。

なんだかんだで毎月のように会食がある水海道教会が好きです。
臼や杵などの用具はすべて学園からお借りしました。ありがとうございました。また、来年もやろうね。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー