http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

賀川豊彦生誕130周年

先日、久しぶりに筑波山に行ってきました。天気の良い日でした。紅葉がきれいで、リフレッシュできました。つつじが丘からロープウエイで上り、そして下りてきました。女体山まで6分で着きました。一通り景色を眺めて、やはり6分で下りてきました。「時は金なり」です。

ただ、その日つつじが丘のおかめコースを登ろうとしている人たちが準備を整えて、頂上に向かっているのを見ると、うらやましくもなりました。その日はドライブを中心に考えていて、登山をする気で行かなかったので仕方はないのですが、登山にはもってこいの日よりでした。少し準備して今度は登山を目的に行きたいと思いました。

 
1888年7月10日に賀川豊彦はこの世に生を受けました。そして来年賀川生誕130周年になります。先日、賀川豊彦生誕130周年記念事業の準備委員会がありました。賀川の関係施設が集まり、130周年をどのように持つかと言う話をしました。「賀川の業績を顕彰するのと同時に、今日の課題及び未来について考える機会とする。」ということが主旨です。

家の光協会、生協総研、共栄火災コープみらい、鳴門市賀川豊彦記念館、全労済、日本生協連、労金協会、(社福)雲柱社、松沢資料館、松沢教会、(学法)雲柱社、本所賀川記念館等々のメンバーが集まりました。
 
賀川豊彦が手掛けたいろいろな事業が今日まで続いて、そしてそこで働いている者が賀川の志したものを後世に伝えよう、また、共に働いている仲間たちと共有しようとしていることを感じました。2023年、関東大震災100年を迎えるに当たり、本所賀川記念館もいろいろなことを考える時に来ています。生誕130周年がその準備の時ともなることができればと願っています。

 
18日、「あすなろの里」で親子デイキャンプをします。港区からバスで50人の小学校一年生の親子がBBQをしたり、散策をして遊ぶ予定でしたが、天気予報はこの日だけ雨。キャンプ場の屋根つきのところでBBQをして、午後は県立自然博物館に行く予定です。天気が良かったらあすなろの里を満喫できるのにと思うと少し残念です。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー