http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

情報

ファイル 879-1.jpg9月15日(金)朝7時にJアラートが「ミサイル発射」を告げました。その後、すぐさま常総市の幾つかの学校は「登校を控え、自宅待機」という緊急メールを発信しました。
 
二葉こども園は7時30分からの保育開始です。送ってきた保護者からも、電話による問い合わせも、いつもより多くありました。対応する職員に「通常通り」と伝えることを指示し、7時55分の朝会で「園としてはHPの通知も緊急メールも発信しない」ことを確認し、当日の業務・歩みが始まりました。
 
時間帯が通勤・登校(園)と重なっていたので、各ご家庭は判断・対応に追われたことと思います。(7時50分過ぎに「落ち着いて登校を開始するように」との防災放送が流れました…。)
 
教会では、9月10日(日)の教会アワーで「緊急時のこと」を話題にしました。そこでも多少触れましたが、最近の相次ぐ「緊急情報」に触れて思うことを、短く記します。
 
NHKの報道で、「相次ぐ巨大ハリケーンの襲来により、今までの気象予測システムでは対応できず、アメリカの気象業者ではハリケーンのコース予測等に膨大なデータを処理する人工知能の判断の活用が開始されている」と、報じていました。
 
正確な情報が適切に伝えられることは、大切なことです(かつての戦時のように、気象情報が軍事機密で、民間には知らされず、災害時に甚大な被害が起こることはあってはならないことです。)
 
しかしながら、国・市町村・民間・人工知能が判断して発信する情報も、最終的には、個人(その人)が受けとめ判断して行動することになります。

現在は、これらの情報が豊富に発信されています(情報格差の課題はありますが…)。情報量が多ければ、判断の困難さもあります。情報が溢れ、個人の「判断」「行動」は大丈夫か?と、問われています。あの「直ちに自分の命を守る行動をとってください」というメッセージは、そのような意味を持っているでしょう。そして、現在は、民間も個人も、受け手だけでなく、発信者でもあります。
 
個別の緊急時に対しても、今の時代をどう生きるかという課題に対しても、一人ひとり、各教会が、「受け手」「応答者」という主体でもあるのです。


△ペジトップへ

ヴェトモン コピ ハリウィンストンスパコピ