http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

「東日本大震災」被災6周年記念礼拝 

3月11日(土)水戸中央教会に於いて開かれた『関東教区東日本大震災被災6周年記念礼拝』に参加しました。礼拝司式に竜ヶ崎教会の子どもたちが加わりました。また、翌12日(日)水海道教会の礼拝でも交読に同記念礼拝の式文が用いられました。式文では、東日本震災被災のみならず、「関東・東北豪雨被災」や「熊本・大分地震被災」をも覚えるものであり、関東教区の姿勢を示すものと受け止めました。当日お会いした地区や教区の友人からは「お家は大丈夫になりましたか?」あるいは「教会も大変でしたね」とかのねぎらいの言葉をかけて頂きました。本当に、教区があり、地区があり、多くの主にある友人がいてくれる故に、私たちは復興の歩みを続けられているのだと思いました。
 6年経ち、記憶は薄らいで行きますが、忘れようにも忘れられない、まだまだ被災の渦中にいる方々を思います。行方不明の家族を捜す人もいます。福島にあってはあの日のままの街並みがそのままに残され、復興が手につかない地域が沢山あります。原発事故は、事故当時私たちが知らされたよりも遥かに重大であり、深刻であることを知るようになりました。全く収束になどに向かっていないのです。しかし川内、伊方の原発は再稼働され、高浜、美浜等が準備中とされております。払った犠牲の大きさ 事故収束に費やされる気の遠くなるような時間と、莫大な費用を考えれば、再稼働などあり得ないと思うのだが…エネルギーの事も経済の事もその恩恵についても、分かっていない者の愚かな感傷に過ぎないのだろうか。


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー