http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

野尻キャンプスタッフの感想

最後のキャンプ        E.A

3年ぶりの子どもたちと行く野尻キャンプ。楽しくなるぞ~!!しかし今年は『最後のキャンプ』ということで、気持ちは少し複雑でした。

近年子どもたちの周りの環境も大きく変わり、野尻期間中も学校やクラブチームの練習・試合がある子も多いです。実際今年も行きたくても行けない子がいたと思います。そんな中で参加をしてくれた6人の子どもたち。中には市外・県外から参加してくれた子もいます。

キャンプ中はもちろん、毎年のことながら、と~っても楽しかったです!!子どもたちと一緒にするプログラムはどれも楽しくて・面白いのです!!毎年あまり変わらないプログラムですが、どれも“これぞ野尻!”なものばかり。野尻の醍醐味・水プロでは、ボートにプールで大盛り上がり。全員でしたアーチェリーでは、風船を割るのに一苦労…もちろん子どもたちのほうが上達は早い!!キャンプファイヤーでは、子どもたち・リーダーのキャンプに対する思いを聞いてほろっとしました。

少ない人数だからこその、あったかい雰囲気漂う教会学校キャンプが大好きでした。幼稚園の頃から知っている子どもたちの成長が感じられるキャンプが大好きでした。最後の時に参加ができたこと感謝しています。今はあまり実感がありませんが、2017年の夏『本当に最後だった…』と思うのかもしれません。


野尻キャンプを終えて       Y.Y
四泊五日のとても長いキャンプに参加することになりました。実際のところ今まで一度も行ったことがなく今回が初めてだったのです。「野尻はこんなところだよ」と話は伺ったことはあるものの、本当に行くことになろうとは思いませんでした。

右も左も分からないまま野尻にやってきましたが、大変なことばかりでした。キャンプに参加している子どもたちはほとんどが経験者。初心者の私はその子たちに教えてもらうことが多かったと思います。

ここではこんなことをするんだなと感心することばかりでした。みんなに着いていくのに必死になって辛いと感じることもありましたが、1キャビン、2キャビンの子たちと話したりカヤックに乗ってみたりと楽しいと思える瞬間もありました。

最初で最後の野尻キャンプは、私自身が成長するきっかけになったのではないかと思います。貴重な体験をありがとうございました。


思いっきり自己を開放      R.A

私は今回が初めての参加でした。キャビンリーダーとは名ばかりで、経験豊富な子どもたちに教えてもらいながら、それぞれのプログラムを一緒に楽しむことができました。

上手い具合に風に乗ると、帆をなびかせ勢いよく進むのが楽しかったミニホッパー。操縦が難しくて3回も沈没しましたが、それもまた良い思い出となりました。乗り込むと湖と一体になれた気分を味わうことができたカヤック。澄み渡る青空の下、キラキラ光る湖の上でゆったりと過ごした時間は、とても気持ちの良いものでした。また、風船を的にして遊んだアーチェリー。パンッ!と射たときの気持ち良さは忘れません。

子どもたちと野炊を含めた食事。話し合いから大盛り上がりだったグループ発表の劇。寝る前にもたくさんお喋りをしました。日を追うごとにグッと距離が近くなった“のじりっ娘”をはじめとするみんなと過ごした時間は、とても素敵なものとなりました。

長い歴史があり、たくさんの人たちの思いが詰まっている野尻キャンプ。そんな野尻の地で、思いっきり自己を開放させて楽しめたこと、貴重な経験に感謝致します。
   


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー