http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

児童館でリアリティーを感じて欲しい 加藤輝勢子

9月に入り、一段と秋が深まった感があります。むしろ寒いと感じるようになりました。鼻炎を持っている私は寒暖の差でも鼻水が出てしまい、ティッシュを離せません。

長い夏休みを終えて、9月に入りました。子どもたちは2学期が始まり、児童館では少し落ち着きを取り戻してきましたが、反面、朝から元気よく遊んでいた小学生がいないのは少しさみしい感じがします。
 
8月には地域行事として港南花火大会を行いました。港区港南地域の小さな花火大会ですが、東京海洋大学のグランドを借りて行い、手持ち花火と花火師による打ち上げ花火を行いました。大小合わせて210発で10数分の打ち上げでした。暗い中に花火師さんの動きが見えました。2200人ほどの方が来場してくださり、ケガや事故がなく楽しむことが出来ました。
 
9月はプラリバでは最大のお祭りが27日土曜日にあります。残り1週間を切ったので追い込みにかかっています。地域のボランティアをはじめ、小学校、中学校、幼稚園の保護者や近隣企業からの応援をいただき、昨年は2000人以上の方が参加して楽しんでくださいました。

 
話は変わりますが、賀川豊彦が神戸のスラムに入って活動した時代は絶対的貧困の時代でした。
皆が食べる物がなく、貧しさにあえいでいました。
現在は相対的貧困です。他者と比べての貧困、またそんな中でもお金をかけるところが個人の価値観によって違います。時代は大変便利にもなってきています。子どもたちはゲームでバーチャルの世界に生きています。いつでもリセットできると思っています。

今児童館で出来ることはリアリティーを感じることだと思っています。友だちとのぶつかり合いと和解、いろいろなものを作る喜び、達成感、自分に自信が持てる自己肯定感など、そのための日々の関わりであり、行事だと思っています。そしてこれは教会学校の子どもたちにも通じることだと思います。23日の子ども大会、野外炊事を是非楽しんでください。


△ペジトップへ

ヴェトモン コピ ハリウィンストンスパコピ