http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

学童クラブの冬のお出かけ他   加藤輝勢子

ファイル 490-1.jpg2014年を迎え、早半月が過ぎました。お正月は孫に会いに、家族で函館まで行きました。おばあちゃんという実感はないのですが、家族が一人増えた喜びはとてもあります。お腹が空いては泣き、お腹がいっぱいになれば、笑い、気持ちよさそうに寝る。そんなあるがままの幼子を見ているだけでこちらも癒されます。短い時間ではありましたが、楽しい一時でした。

1月7日:学童クラブの冬のお出かけで「水上バス&スカイツリー」にのぼってきました。プラリバから日の出桟橋まで約3キロを歩き、水上バスで40分。浅草の吾妻橋に到着。本所賀川記念館でお昼ご飯を食べて、スカイツリーへ。子ども約160人、引率24人、総勢184人の移動はかなり神経を使いました。この日のスカイツリーはあまり混んでいなく、搭乗したのが2万人位だそうです。子どもたちと東京タワーや品川の方を見て楽しみました。冬休み最後の日でした。
 
1月11日-13日:中高生キャンプで山梨県北杜市のあさひ福祉作業所にワークキャンプに行ってきました。約2000羽の鶏が元気に飛び回る鶏舎の中で卵を取り、きれいにして、出荷できるようにケースに入れたり、餌を作ったり、薪をわったりしました。薪にするために大木をチェーンソーで切ったりしましたが、あまりの大木のため、私は途中で断念しました。また、広い土地を利用してのソーラーパネル取り付けのお手伝いも少しさせていただきました。富士山や八ヶ岳、南アルプスがくっきり見えて自然の豊かさを満喫してきました。取り立て卵で卵かけご飯を食べると何膳でもご飯が食べられそうです。
 
1月16日:2014年の初めての賀川豊彦研究会がありました。『日本キリスト教史における賀川豊彦―その思想と実践―』を約2年かけて読み終えました。1月からは『賀川豊彦とそのボランティア』を読み始めます。賀川に関する本は比較的多くあります。特に本所に来てからのものは多いのですが、神戸の新川時代のものは少なく、この本もその時代に賀川と共に活動した武内勝氏の口述を村山盛嗣氏がまとめたものになります。大変読みやすく、賀川が活動していた時代のことがよくわかります。


△ペジトップへ