http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

2013野尻キャンプ             N.O

ファイル 441-2.jpgファイル 441-3.jpg

ファイル 441-1.jpg1988年から始まった野尻キャンプは今年で25回目となりました。初めの頃と比べ別荘(野尻ではトイレのことを別荘といいます)も綺麗になったし、キャビンも新しくなったし水上プログラムの乗り物も増えました。

でも感覚的にはずっと変わらないイメージです。外界とは隔絶されたようなうっそうたる林の中にあり野尻湖越しに黒姫と妙高がそびえたっています。耳を澄ませば水の音、風になびく木々、虫や鳥の声など自然の音ばかりです。昔と少しも変わっていません。この野尻キャンプ場で今年はメンバー16名、リーダー11名で四泊五日を過ごしました。$FILE1_r

プログラムはここのところ同じような計画なのですが、これは25年間練り上げられてきた賜物なのです。初めのうちはグループ作りができるように、さらには個人の趣向が生かされるように作られています。

私は今年、十数年ぶりにキャビンのリーダーをやらせていただきましたが、一日目にはちょっとよそよそしかったグループの関係が二日目三日目となりどんどん仲良くなっていくのです。

日ごろ携帯ゲームばかりしている子が、この電気も無いキャビンで歳の離れた仲間といつまでもしゃべりあったり、協力してカレーを作ったり、グループ発表のために頭を突き合わせたり。とても素敵なことファイル 441-4.jpgだと思います。できれば日本中の子どもたちに参加させたいぐらいです。

そうそう、低学年の子はベッドで一人で寝るのはちょっと淋しいらしく二人で寝ているのは良くあることですが、今回三人で一つのベッドで寝ていました。縦、縦、横で・・・足がはみ出ていましたが朝まで寝てました。$FILE1_r

初日、キャビンの前でセミのさなぎが歩いていたのでキャビンに持ち帰りみんなで観察しましたが、低学年の子が触ってしまうので木に返しました。

メインホールの壁に蝶が留まっていて子どもが「オオムラサキだよ、写真とって」言うので撮っておきましたがオオムラサキといえば確か日本の国蝶のはず、野尻にいるのかなと思って帰ってから調べたら本当にオオムラサキでした。準絶滅危惧種だそうです。初めて見ました。

スタッフの皆さん、行けなくても準備に参加してくれた方、お留守番の方、皆さんありがとう。 来年もやるよ!
ファイル 441-5.jpg


△ページトップへ

タグホイヤースーパーコピー モンクレール ダウン コピー
カナダグース スーパーコピー ベルルッティ財布 コピー
シュプリーム スーパーコピー OFF-White スニーカー コピー
ヴェトモン コピー ハリーウィンストンスーパーコピー