http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

「教会は『広場』になろう」 H.M

-こども食堂 地域と共に歩む教会-
 関東教区の宣教を考える集い

7月17日(月)大宮教会において開催された表
記の集会に参加しました。

飯塚拓也宣教部委員長の開会礼拝説教
「…日本の社会の大きな変化の中で想いを口にできない人々が大勢いることを覚えなければならない。こども園には夫婦共働きの子どもが大勢来ているが、子どもが2,3人いて夫婦で働いて収入が200万円以下という家庭がある。教育費などの余裕はなく厳しい状況にある。余裕がないと子どもに関心を持つことがなくなり、朝食を食べて来ない子どもや午前中ボーっとしている子どもがいる。社会の歪みが世の中で弱い立場の者に向いて行く。そういう中で悪循環に陥っている人に、周りが課題を担うことによって、少しでも良い循環へと向かうことが出来るのではないか。ここにこども食堂に含まれている宣教の業があるのではないか。そういう人たちが教会へ来る、教会があってよかったと思う。教会は敷居が高く、自分には遠いところと思う人が沢山いる。教会は自らが敷居を低くしなければならない。それが『広場になろう』ということ。」

開会礼拝の後、実際に運営されているこども食堂の紹介がありました。
①「桜台こども食堂」
日本バプテスト教会連合
練馬バプテスト教会
②「サンタこども食堂」
日本基督教団横浜港南台教会

ある子こども食堂は「必要な人には限りなく低い敷居と、不要な人には見えない存在を目指している」ということです。つまり、周りの助けを必要とする人―飯塚先生が語るところの、悪循環に陥っている人が、周りが課題を担うことにより少しでも良い循環に向うことが出来るということを指すのかと思いました。

また、食堂側からは来店動機などを決して聞かない。何かに困窮していることが恥ずかしいことであれば応援者はより一層静かに迎え入れる必要がある、来店理由の無い人などいない、皆神様のお客様。神様のお客様に奉仕させていただくという気持ちでやっている。来店者同士でグループが出来、互いに励まし合う姿を見ることがあるということです。

子ども100円、大人300円程度で食事を提供し温かい気持ちで静かに迎え入れる-それだけの事が人々を前向きな気持ちにさせるのですね。

それだけでその人の生活が直ぐに改善されるはずはないでしょうが黙って手助けをしてくれる人がいることは心の負担を減らしてくれることと思いました。

また、こども食堂で出来ることは限られている、問題の事柄をわきまえて手に余ると判断すれば行政へ紹介する等連携をしているとのことです。
 
茨城YMCAでも月1回「みんなの食堂」というこども食堂を開いているということですが、「上から目線、施しているという感覚は絶対にいけない」と言っていました。
 
この集会に参加してから、注意してみると、こども食堂にはいろいろな団体が関わっているようです。マスコミの取材などを受け、大きく報道されることもあるようです。

善意のボランティアなのでしょうが、ともすると活動が自己実現の場になることなどは避けなければならないことだと思いました。当たり前のように「神様のお客様を静かに迎え入れる」、「必要ない人には見えない奉仕」であることが大切なのだと思いました。

教区開拓伝道協議会

6月26日(月)~27日(火)教区開拓伝道協議会が、守谷伝道所を主会場に開催されました。プログラムに「教会訪問」が組まれており、水海道教会と神の愛伝道所を訪問してくださいました。
 
6月26日に参加者の皆さん(15人)が「大雨で被災し再建された教会を訪問」という趣旨のもと水海道教会にお出でくださいました。加藤久幸牧師、中村八重子、松本宏子でお迎えいたしました。
 
牧師館、礼拝堂、子ども園、育ちサポートセンターなどをご覧いただきました。また、復興感謝会で影写した「水海道教会の1年9カ月」と最近会堂や牧師館を献堂した茨城地区の教会を紹介した「新しい風が吹く」(婦人会連合総会修養会で影写)をご覧いただきました。

しばし、歓談の後つくば市のホテルオークラに向い、翌日は神の愛キリスト伝道所を訪問されるということでした。遠くから近くから、ありがとうございました。

教区総会 報告

5月30日(水)~31日(木)大宮・ソニックホールにて第67回教区総会が開催されました。加藤久幸牧師、輝勢子牧師、荒井静子が出席しました。選挙により教区新執行部が決まりました。

議 長    東野尚志(埼玉・聖学院教会)
副議長    福島純雄(茨城・筑波学園)
書 記    小池正造(新潟・東新潟)
宣教部委員長 飯塚拓也(茨城・竜ヶ崎)↓
また、同じく選挙により常置委員(教職5人・信徒5人)が選ばれました。
←勝田教会・綿引久美子伝道師が准允を受けました。

<採決された主なる議案>
・「災害対応支援委員会」設置 多発する自然災害に対応するべく常設委員会を発足させる
・ナルドの壺献金運動の推進 
今年度目標額1200万円 
2017年度互助内定:7教会・伝道所 612万円
・日本基督教団伝道所廃止に関する件 以下3伝道所を廃止する。高谷林伝道所(栃木)、江曽島伝道所(栃木)、久喜伝道所(埼玉)
・「熊本大分地震」被災支援に関する件
 教団募金1億8千万円の内2000万円を関東教区で献げる。
・「共謀罪創設に反対する関東教区声明」を発表
 議場からの緊急提案があり審議の結果可決された。「声明」文が教会掲示板に掲示してあります。また、教区hpで見ることが出来ます。(松本)

熊本大分地震被災支援
 2017年度教区総会において「熊本大分地震」被災支援に関する件が可決されました。
 既に、日本基督教団の熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援募金(目標額 1億8千万円)は始まっています。この募金の目標額のうち、2千万円は4年間で関東教区が献げようという議案です。2千万円は具体的には教区負担金の2分の1に該当します。従って、目安として教区内全ての教会・伝道所が負担金の2分の1を4年間献げて達成出来る額となります。

<水海道教会の献金額>

7月教会役員会で水海道教会の献金額について協議しました。教区の方針に従って計算した結果、4年間で献金目標額を50万円と設定しました。但し、2016年度にクリスマス献金と箱献金で既に約16万円を献げているので残りの34万円を2017~ 2019年度の3年間にクリスマス献金と箱献金で献げるという結論に至りました。
 
私たちは6月17日に「復興感謝会」を開きました。イエスによって結ばれた友の温かい献金が牧師館を建て、会堂を修復し、育ちサポートセンターを元に戻して下さったのです。今度は私たちが手を差し伸べ献げる番です。ご理解をお願いいたします。

地区女性部総会・会長会

4月26日(水)2017年度地区女性部総会・会長会が筑波学園教会で開かれました。水海道教会からは加藤久幸牧師、草間美也子、松本宏子、溝手美知子の4名が参加しました。
主な決定事項
(1)新役員(2017年度~18年度)
委員長 松本宏子(水海道)
兼教区教会婦人会連合総会修養会準備委員長
書 記 栄野久江(土浦)
会 計 松﨑真実(筑波学園)
教 区 和田和美(日立)
社会部協力委員 椎名美和子(水戸)
同    河出尚子(日立)
(2)修養会について
2017年度は女性部独自の修養会を中止し、地区の「全体集会」に合同する。2018年度以降については、今年度の実施結果をみて判断する。
(3)女性部申し合わせ一部改正
担任教師入院お見舞い
(現行)2週間以上の入院の場合見舞金を贈る
(改正)1週間以上の入院の場合お見舞いカード
(4)集会時の昼食は参加者が弁当を持参する。
(5)2018年度集会会場教会
総会・会長会  水海道教会
修養会     水戸教会(開催は未定)
※バザーも行われ水海道教会ではチョコレートを販売しました。好評でした。

2017年度茨城地区 組織

4月9日、第1回地区役員会に於いて、地区役員会組織が決まりました。
地区長  福島純雄 牧師(学園、総会で決定済)
書 記  橘 秀紀 牧師(水戸)
会 計  小林祥人 牧師(取手)
教師部  鈴木 光 牧師(勝田)
教育部  大塚 慎 牧師(鹿島)
社会部  金子敏明 牧師(牛久)
地区大会 玉井幸治 信徒(学園)
同   平野和雄 信徒(竜ヶ崎)
      主に「地区だより」を担当
伝道部  小林祥人 牧師(取手)
<陪席>
TCAC 加藤久幸 牧師(水海道)
女性部  松本宏子 信徒(水海道)
青年部    活動休止中

「東日本大震災」被災6周年記念礼拝 

3月11日(土)水戸中央教会に於いて開かれた『関東教区東日本大震災被災6周年記念礼拝』に参加しました。礼拝司式に竜ヶ崎教会の子どもたちが加わりました。また、翌12日(日)水海道教会の礼拝でも交読に同記念礼拝の式文が用いられました。式文では、東日本震災被災のみならず、「関東・東北豪雨被災」や「熊本・大分地震被災」をも覚えるものであり、関東教区の姿勢を示すものと受け止めました。当日お会いした地区や教区の友人からは「お家は大丈夫になりましたか?」あるいは「教会も大変でしたね」とかのねぎらいの言葉をかけて頂きました。本当に、教区があり、地区があり、多くの主にある友人がいてくれる故に、私たちは復興の歩みを続けられているのだと思いました。
 6年経ち、記憶は薄らいで行きますが、忘れようにも忘れられない、まだまだ被災の渦中にいる方々を思います。行方不明の家族を捜す人もいます。福島にあってはあの日のままの街並みがそのままに残され、復興が手につかない地域が沢山あります。原発事故は、事故当時私たちが知らされたよりも遥かに重大であり、深刻であることを知るようになりました。全く収束になどに向かっていないのです。しかし川内、伊方の原発は再稼働され、高浜、美浜等が準備中とされております。払った犠牲の大きさ 事故収束に費やされる気の遠くなるような時間と、莫大な費用を考えれば、再稼働などあり得ないと思うのだが…エネルギーの事も経済の事もその恩恵についても、分かっていない者の愚かな感傷に過ぎないのだろうか。

世界祈祷日

3月3日、取手伝道所に於いて県南地域教会による「世界祈祷日」の集会がありました。水海道教会からは3人が参加しました。全参加者約60名。今年の礼拝式文はフィリピンの女性たちによって作られました。フィリピンは7000余りの島からなる島国です。数年前「過去に例を見ないほど猛烈な」と形容された超大型台風がフィリピンを襲ったことを記憶している方も多いことと思います。人口約1億人、90%がカトリック教徒。プロテスタントやムスリムは少数派です。経済的には「出稼ぎ国家」と言われ世界各地で働く人々がいます。出稼ぎの人の仕送りがフィリッピンの経済を支えている面があると聞いています。日本でも多くの人が働いており、常総市にも厳しい環境で暮らすフィリピンの方がいます。フィリピンの現実のほんの一部を垣間見るだけですが、フィリピンの女性たちが作った式文の随所に、労働の場で搾取、差別、暴力を受ける女性たちの呻きを聞く想いがしました。当日の聖書のみ言葉はマタイ20章1節~16節。ぶどう園の主が朝から働いた人にも夕方1時間しか働かない人にも同額の賃金を払ったというお話でした。これでは労働の対価として不公平ではないか?と思うのが大かたであろう。「公平」と言うのは普遍の概念ではないのかとも思う。当日の礼拝説教をされた福島先生は「公平な社会―公平さにかけてはいけない―と言うのはどこか窮屈な感じがする」と言われました。「ぶどう園の主人は、賃金の払い方は公平であるべきと言うこの世の観点からすれば価値観を異にしている。しかし、この異なる価値観に接して、私たちはなんとかやっていけるのではないかと思うのではないか」と福島先生は続けられました。この話を聞きながら、東電からの多額の賠償金が避難者の子どもへのいじめに繋がっているという話を思い出した。労働の場で、被災の場でさまざまな不条理に泣く人々がいます。神はその人々に普遍の概念を捨ててまで「なんとかやっていけるかもしれない」と思わせて下さるのかもしれません。いろいろなことに想いを巡らせた1日でした。感謝。

2017年度茨城地区総会 報告

3月12日、つくばクリスチャンセンター(TCC)に於いて2017年度茨城地区総会が開催されました。教区問安使として教区書記・栗原清牧師(武蔵豊岡・埼玉)並びに石川晴彦氏(足利・栃木)が出席されました。1.主な地区長報告(承認)
(1)昨年度地区総会で承認、新設された「地区特別会計」の執行が5件あった。
①水戸自由が丘 聖礼典執行者派遣費用の一部として5万円
②守谷 掲示板設置費用の一部 5万円
③諸川 会堂修理工事費用の一部 2万円
④神の愛キリスト 運営費の一部 3万円
⑤石岡 電柱広告費の一部 1.5万円
尚、子ども大会と信徒大会の席上献金計101,231は特別会計に捧げられた。地区ディーの献金も特別会計に献げられる(会計の都合上次年度扱い)
(2)伝道資金の配分について
①2016年度分30万円を下記4教会へ等分に
  常陸大宮、石岡、神の愛キリスト、守谷
②過年度40万円を下記3教会に配分。石岡(15万円)、神の愛キリスト(15万円)、守谷(10万円)尚、埼玉地区から頂いた過年度未執行分の35万円は同じく3教会に等分に執行。
(3)諸川伝道所について
代務者及び協力牧師を決定し2016年9月より毎週「シャローム教会」との合同礼拝を捧げられるようになった。
①代務者として福島地区長を招聘
②協力牧師として小形泰代牧師
(4)新年度の地区諸集会
子ども大会、信徒大会、役員研修会、教会教育研修会を集約し「地区大会」として9月23日に開催する。開催詳細については「地区大会実行委員会」を組織して検討していく。[2017年度地区女性部修養会も合流を検討]
(5)TCACについて
①法人明確化について関係方面と懇談を継続。
②会計について 預貯金名義を旧名義人(元牛久教会吉田牧師)から、現TCAC会計嶋田恵悟牧師名に改め会計の整合性を図る。
(6)教師移動
 ①玉置千鶴子牧師 水戸中央→長岡(新潟)
 ②相原聡牧師 下館→山鹿(熊本)
2.地区委員会報告及び各部会報告(承認)
3.選挙の結果
地区長  福島純雄(学園)
地区委員 
教職 橘秀紀(水戸) 大塚慎(鹿島)
    金子敏明(牛久) 小林祥人(取手)
    鈴木光(勝田) 
信徒 平野和雄(竜ヶ崎) 玉井幸治(学園)
4.事業計画
 <2017年>
4月 9日(日)地区委員会①
4月26日(水)女性部総会・会長会(学園)
5月14日(日)地区委員会②
5月30日(火)~31日(水)教区総会
6月 1日(木)~2日(金)
教区教会婦人会連合総会修養会(大洗ホテル)
 6月11日(日)地区委員会③
        地区大会実行委員会①
 6月19日(月)教師会①
 7月 9日(日)地区委員会④
        地区大会実行委員会②
 9月10日(日)地区委員会⑤
        地区大会実行委員会③
 9月18日(月)教師会②
 9月23日(土)地区大会
       主題『宗教改革500年を記念』
 11月6日(月)教師会③
 11月12日(日)地区委員会⑥
         地区大会実行委員会⑤
 <2018年>
 1月29日(月)~30日(火)教師会④
 2月11日(日)地区委員会⑥
 2月12日(月)社会部集会
 3月11日(日)地区総会・地区ディー

 
      

神の愛キリスト伝道所献堂式

ファイル 807-1.jpgファイル 807-3.jpg

10月30日「神の愛キリスト伝道所」の献堂式が行われ、加藤久幸牧師が出席しました。

2016 茨城地区信徒大会

ファイル 806-1.jpg11月23日、竜ヶ崎教会に於いて茨城地区信徒大会が開催されました。

大会のテーマは「神の息がふくとき―息を楽しみ、聖霊に満たされ、元気いっぱい」竜ヶ崎教会らしく子どもも一緒の集会でした。大人68名、子ども19名、計87名の参加でした。

講師はピアノ調律師の渡邉祐治さん。水海道教会の水に浸かってしまったオルガンを修理したのは渡邊祐治さんです。経営されている「才気堂」の社名の由来はピアノやオルガンなどあらゆる鍵盤楽器を修理して<再起動>させるから「才気堂」ということだそうです。
 
いろいろなオルガンやアコーデオンや珍しいシャミトロン(和楽器の音が出せる)等の楽器を持ち込み演奏を交えながらの楽しいお話を伺いました。演奏はバッハやシュベリウスなどのクラシックから賛美歌、オペラの「椿姫」の間奏曲、更には石川さゆりの「天城越え」まで非常にバラエティに富んでいました。

「天城越え」が演奏された時は会衆席から歌声が上がりました。最初は数人が遠慮がちにハミングしていましたが、だんだん声が大きくなり、本当はサビまで入れたかった人もいたかもしれません。

当日の楽器はみな空気を出し入れすることによって音が出る仕組みということでテーマの「神の息がふくとき」に繋がります。テーマを見える形として、礼拝堂の天井には画用紙で作った鳩が沢山飛んでいました。
 
地区や諸教会の聖霊の導きによる諸活動の様子も伺い(会堂新築や地区の会計の新しい取り組みなど)喜びを分かち合った一日となりました。

ページ移動


△ページトップへ

日本キリスト教団 水海道教会
〒303-0034 茨城県常総市水海道天満町1712-7
電話 0297-22-3035
(C)Mitsukaidou kyoukai ALL Right Reserved.