リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー
http://mitsukaidou.com
日本キリスト教団 水海道教会 サイトマップページへ プライバシーポリシーページへ
トップ 教会の紹介 牧師の挨拶 教会学校 キャンプ リ ン ク メール
教会からのお知らせ
最近のトピックス
教会学校ニュース
グループのニュース
牧師の部屋
副牧師の日誌
教会員のエッセイ
キャンプニュース
地区教区ニュース
今週のお花

記事一覧

春の味覚を堪能!(CSイチゴ狩り)


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

尊敬と愛情、誘惑、甘い香り…まさしく花言葉通りの果実、イチゴ!そのまま食べても、ケーキやジャムなど加工にしても存在感がありますよね。今月の15日に教会学校の春遠足と青年会と合同で下妻市にある「大地農園」でイチゴ狩りをしてきました。あいにくの雨模様でしたが、実際は雨に降られることなく出掛けることができました。

現地に着くと、イチゴの採り方などを説明してくれてその後、さっそくハウスに向かい、30分食べ放題のイチゴ狩りがスタートです!ハウスの扉を開けるとそこは完熟したイチゴが生っていました。「わぁ!大きい!」などと言いながら、子どもたちも心踊ります。

へたと茎の部分を指先で上手につまんで採るのは意外と難しいですが、何度もやっているうちにスムーズに採れるようになっていました。

食べてみるとみずみずしさとバランスのとれた甘さ、そして鼻から抜けるイチゴの香りがたまりません。大人でも一口だけでは食べられない大きさのものがたくさん生っていました。

よく周りを見てみると、すでにイチゴの採られた形跡のものが無数にありました。悪天候でも他のお客さんが来ていることを考えると、この美味しいイチゴを求めて、以前から大勢の人が来ていたんだと思います。

そして、7、8、9個…と食べ進めていきながらも、少しずつイチゴがお腹に溜まっていきます。時間にして約20分、子どもも大人もこのくらいが限度なのかと思います。イチゴ好きや食欲旺盛な人は別ですかね…。

残り時間はありましたが、満腹感と達成感で終了です。道中、車内ではしりとりをして楽しく過ごし、教会に到着してからはこども園のホールで軽食のおにぎり&お菓子タイムの時間!その後は「だるまさんがころんだ」や「かくれんぼ」などをしました。.

リーダー4名、メンバー3人という超アットホームな時間の流れた1日でした。

哀悼


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

4月15日午前1時31分、TSさんが召天されました。82歳。

私たちは15日の聖日礼拝の際「今日は、重い事実のお知らせからお話を始めねばなりません」と言う久幸牧師の説教の冒頭の言葉でTSさんがお亡くなりになったことを知りました。

TSさんとはそれほど長いお付き合いではありませんでした。物静かな印象がありましたので、ご自宅にお悔やみに伺ったときにお連れ合いにその事を申し上げますと、「本当は強い人なのよ」と仰いました。その言葉を牧師の追悼説教を聴いているときに思い返しておりました。

TSさんは山形に生まれ東京の十字屋で働いたのち常総市宝町に洋品店を開業し、75歳で閉店しました。閉店後、若い時の出会いであったイエスに導かれて水海道教会の礼拝にお出でになるようになりました。

牧師はTSさんを「自らの決断で生きてきた人だった」と評されました。それこそが「強い人」だったのかと思いました。静かで優しい、けれども本当は強い人。強いからこそ静かで周りには優しい。そのお人柄に充分に触れることなくお別れしてしまったことを残念に思います。
 
前夜式は16日自宅で、葬儀は17日13時30分水海道教会で行われました。主のみもとでの真の安らぎを、ご遺族の上に天来の慰めをお祈りいたします。 

4月誕生日祝福


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

4月1日、KさんとSさんが牧師の祝福を受けました。
7本のローソク全部に灯りが点ったイースターに祝福を受けるなんて…とても素晴らしいですね。おめでとうございます。

KKSお泊り会  

今年もイースターにかけての土・日(3月31日~4月1日)にお泊り会をしました。中学生から大学生までのメンバーが4名、それにリーダー2名と牧師2名で8人の会でした。この会はいつもメンバーが自主的に内容や時間を決めて過ごすのですがイースター準備の依頼が多く(・田んぼの整地・イースターエッグゆでとラッピング・教会墓地の清掃・愛餐会用のシュークリームのシュー焼き・礼拝堂の掃除など)ずいぶんと働いてもらいました。ご苦労様でした。イースター礼拝前に感想文を書いてもらいましたのでご覧ください。

キリスト教も仏教も
中学2年生
私は前日から、東京に泊まりの研修会があり、遅れての参加となりました。その研修会は仏教系の団体主催の物で、小学生の頃にその団体で色々な経験をした中学生が全国から約千五百人集まっていました。その人たちの話を聞いたり、夢・目標を語り合ったりしているうちに気づいたことがあります。それは、キリスト教も仏教も根にある考えはやはり、一緒だということです。まず、宗教とは生活の中での命の使い方を教える(学ぶ)もののことです。 キリスト教と仏教は命、つまり時間を他の人々のため使いなさいという教えがあります。つまり「粋」に生きなさいということです

KKSのお泊り会を顧みて
高校2年生

本日のKKSお泊り会は参加2回目ということもあり、前回よりはスムーズに、積極的に関われたのではないかと思う。 時間や金銭的な抑圧などあったものの、無事殆どの工程を終えることが出来なによりだ。特に印象に残っている出来事は墓掃除である。墓掃除という作業自体としては機器の扱いに悩まされながら順調に終えることが出来たのだが、ふと墓のわきに彫られた碑を見た時、私はどれだけ多くの人がどれだけ長くこの教会の活動に関わってきたのかを垣間見た。その中には私が以前聴いたことのある名もあった。 私はこれからどれだけ長くこの教会と交流を保つことが出来るのだろう。学生時代、その先まで私の名はここに残るのだろうか? そんなことを脳裏に浮かべつつ私はこの限られた時間を過ごした。少しでも“私”がここに長くいられるよう、そう願って。

KKSお泊り会
大学1年

僕はKKSお泊り会に参加して今年で七回目になります。今年は、高校生最後のお泊り会となりました。 一日目は、教会にある田んぼの整地を行いました。2年間放っておいた田んぼは虫と草ですごいことになってました。その後、メンバーが全員集合して、教会のお墓そうじと買い物に行きました。夕食のメニューは、麻婆豆腐とギョーザでした。ギョーザは少なくとも百個ぐらいは作っていたと思います。 二日目は、朝食にほうれん草とベーコンのソテー、食パン、中華スープを食べました。 今回のお泊り会は昨年よりもほとんど段取りよく行うことができました。機会があれば、来年も参加したいです。

KKSお泊り会最年長
大学3年

私は、小学六年生の時に参加してから今年まで休まず来ていたらいつの間にか青年参加者で一番上になっていました。 今回私はアルバイトが朝から昼まで入っていて途中からの参加になりましたが、例年のお墓掃除では私初めての電動ノコギリを使って草刈りをしていたのですが途中で止まるハプニングがありましたが、無事終わりました。 今回、参加者の一人が泊りの研修会終わってから買い物で合流した。晩御飯の麻婆豆腐を辛いのとマイルドの二種類をつくり、女性陣で手作り餃子を作っていただき中華定食になりました。
 その後は、いつものようにイースターエッグの梱包作業を終え、銭湯に行き帰ってきてから、次の日のCSの準備をし、就寝しました。 そして二日目の朝に少し寝すぎて朝食の準備が手間取りましたが、何とか間に合わせるプチ事件が起きました。今回も朝食の時間が遅くなってしまったので、来年は、もう少し早起きしようと思います。




  

イースター愛餐会

礼拝後、青年会の担当で愛餐会が開かれました。
CSが作ってくれたデザート・シュークリームはとても美味しかったです。ごちそうさまでした。

イースター


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

4月1日(日)、イースター礼拝のテキストはマルコによる福音書1章1~8節でした。3人の女たちがイエスの墓を訪れる場面です。久幸牧師の説教題は「驚き、震えあがった」でした。衝撃的な場面に想いを馳せながら、キリスト教の信仰の真髄は、十字架と復活にあると思うものの、未だに充分に分からないところでもあると思いながら牧師の説教を聞いていました。他の方はどうなのかなと思います。いつの日か「ああ、分かった。」と心底納得する日が来ることを願っています。

年度初めさまざま

ファイル 929-1.jpg2018年度が始まりました。
4月1日:イースター。前日の31日より恒例のKKSのお泊り会をして、イースターの準備等をしました。田んぼの整地、教会墓地の掃除、愛餐会担当の青年会のお手伝いとたった一泊二日ですが、濃厚なプログラムをこなし、教会の枝であることをアピールしていました。
私はイースター当日は地域の桜まつりで子どもコーナー担当なので、教会をお休みしましたが、KKSのメンバーは今年も頼もしい限りでした。

2日:記念館の学童クラブの入会式、光の園の卒園生も多く、元気いっぱいでした。

6日:職場の隣りの小学校の入学式、雨は降りませんでしたが、風が強かったです。この小学校はグラウンドで入学式をします。1年生228名7クラスです。全校生徒は約1260名くらいになるそうです。

9日:隣の中学校の入学式に参加しました。

13日、午後から中野で賀川関係施設会議があり、
参加。コープ中野が経営しているグループホームと軽費老人施設を見学させていただきました。駅から10分くらいのところで、1・2階はCOOP生協の売り場でもあり、そこで買い物をして食事を自分で用意している方もいるようです。もちろん食事を頼むと提供してくださるとのこと。一人部屋は約20万、二人部屋は40万くらいかかるそうです。

15日:教会学校の遠足に行きました。いちご狩りです。30分食べ放題でしたが、20分でグロッキーでした。でも、お腹いっぱいイチゴを頬張ることができました。幸せいっぱいでした。帰ってきて、ホールでお弁当、そのあとは子どもたちの要望で「忍者」をテーマに遊びました。その後、CS教師会をしました。

 
4月に入り、新学期が始まったからか、電車がとても混み、いつもより少し早く出勤するようにしています。満員電車に揺られながら、2018年度も始まったのだなと思います。ランドセルの大きさが目立つ子どもたちや、新入社員もまだまだ緊張しているようですが、徐々に慣れていくことができるようにお祈りします。

不思議          加藤久幸牧師

ファイル 928-1.jpg今年は、日本列島の各地に、今までにはなかった「異常」気象が続いているように思われます。今までの挨拶や対応では通じないことが起こっている…。先日、北国で雪が降ったかと思うと、今度の土日(21日・22日)は全国各地で30度を超える真夏日になるところもあると、予報されています。実は、今までにあったことなのかもしれませんが、しかし、生身の人間として、不思議に感ずることがいっぱい起こっています。

 先日、Iさんの葬りの営みに、年長児のお孫さんが、最初から最後まで、付き合ってくれました。
大人からすれば、「自宅で最期を迎えたい」とか「尊厳死」とかが話題になる、最近の時勢です。

しかし、小さな子どもにとっては、〔死・遺体を見ることを含め〕葬りの営みは「めったにないこと」「想定外」の出来事で、たくさんの不思議があったことでしょう。幸いにもと云うべきか、そういう事情を心に留め、ご両親が丁寧に対応されていたように思います。
 
火葬の時、そのお子さんは、「なぜ火葬にするのか?」という疑問を示されました。私は、そこにいてくれる小さな遺族と参列者に、咄嗟に「火葬」にする意味をお話することになりました。


新年度が始まり、こども園では、子どもたちが人生初めてのたくさんの不思議に出会い、懸命に生きています。こどもたちが直面する不思議は、当たり前で、大事な問いかけを含んでいることがあります。大人の私たちも、いくつになっても、新しい日を迎え、不思議に感ずる事に出遭います。
 
私たち大人は、豊かな情報や知識・ツールを得て、何とか対処しているのでしょう。しかしながら、現代の子どもも含め、生身の人間として、新しい事態や変化に対応する人間の力は衰えてきてはいないかと考えてしまう、時勢でもあります。
 
どんな小さなことであっても懸命に生きる、命が懸かっている、そういう子どもの姿から学ぶことはあるのではないでしょうか。――火葬の場で「死んだ者は腐る」と語ったのですが、「命があっても死んでいる」、「命が与えられて生きている」等々、改めての新しい不思議に包まれています。

3月誕生日祝福


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

3月4日、3月生まれのKさん、Oさん、Yさんの誕生日祝福が行われました。
牧師の質問「健康の秘訣は何ですか?」

Kさん「生活のリズムを崩さず、いつもの通りに過ごせたらいいかなと思っています。自然が一番いいかなと。老いを受け入れるのに四苦八苦しています。」

Oさん「健康で来ていたのですが、最近あやしい。血圧、目、インフルエンザ等々。何をしたらいいかなと思います。本屋で血圧の本を立ち読みしたりしています。」

Yさん「夕飯の支度の前に甘いものをいただいています。」

皆さん、独特な秘訣があったり、変化があったり、思い迷うことがあったりといろいろですね。

イースター関係 お知らせ

3月30日(金) 受難日礼拝
3月31日(土)お泊り会 ?
4月 1日(日)イースター礼拝
     CS進級式 卵さがし 
    イースター愛餐会(担当青年会)

ページ移動


△ページトップへ

日本キリスト教団 水海道教会
〒303-0034 茨城県常総市水海道天満町1712-7
電話 0297-22-3035
(C)Mitsukaidou kyoukai ALL Right Reserved.